オナラの99%は空気、残りの1%は・・・

desert_1280
おならの99パーセントは空気ですところが、残り1パーセントの毒素が臭いを作り出しています。

おならの臭いのもとは腸内で発生する、インドール、スカトール、アンモニアなどの物質なのですが、中にはニトロソアミンなど、発がん性があるかなり有毒な物質もあります。

おならがくさいと言うことは、それだけ大量の毒素が腸内で発生していることになります。

腸内で発生した毒素は、おならや便として外に出るだけでなく息や汗などと一緒に外に出ることもあります。

口臭や体臭が臭い人はかなりの確率でおならも強烈に臭いですが、逆に言うと、腸の腐敗を放置していると、そのニオイが口臭や体臭にまで影響してしまう可能性もあります。ひどい場合、息が便臭、つまりうんちの臭いになる人もいます。腸内の腐敗は、体から出るあらゆる臭いの元になります。

おならが臭いと感じているのであれば、まず腸内をきれいにすることを真剣に考えるべきだと思います。

具体的には、悪玉菌を減らして善玉菌を増やしたり腸内に老廃物がたまりにくいように腸をきれいにしていくことです。

善玉菌の代表は乳酸菌です腸内の善玉菌と悪玉菌はシーソーゲームのように勢力争いを繰り広げていますので、乳酸菌をたくさん腸内に入れて善玉菌を増やしてあげることで、悪玉菌を減らすことができます。

ただし、生きた乳酸菌であれば、腸内で繁殖してくれますが、死んだ乳酸菌だと、生きた菌ほどは効果がないと言われます。

普通であれば99パーセント以上の乳酸菌は腸に届く前に死んでしまいます。最近だと生きて腸に届く乳酸菌入りのヨーグルトが売られていますが、それだけ生きて腸に到達する乳酸菌というのは珍しいのです。

現在、市販されている乳酸菌のうち生きて腸まで届く確率が高いのは植物性乳酸菌といわれるタイプです。動物性乳酸菌に比べて10倍以上生存率が高いと言われます。

まとめ・・・

おならの99パーセントは空気ですが、残り1パーセントの毒素がおならのにおいの原因になっています。毒素を出すのは腸内の悪玉菌ですが、おならがきつい臭いを発するようになったのであれば、腸が腐敗している可能性があります。真剣に腸をきれいにするためには生きて腸まで届く乳酸菌を摂取することを検討したほうがよいかもしれません。