加齢臭は体内のアンチエイジングで予防する

ruined-billding_1280
加齢臭を予防したい、何があっても加齢臭出したくないという気持ちがあると思います。

どんなに見た目が年齢不詳でも娘と姉妹に見えるほど若くても、妹より若く見えるほど若くても、加齢臭が出ている時点で完全に中年です。

加齢臭の問題は、予防が全てだと言われています。加齢臭対策と言われるアイテムはたくさんあますが1度加齢臭が出だしてしまうと、ケアグッズで一時的に臭いを減らすことはできても加齢臭そのものをなくすことはできないと言われます。

その理由は、加齢臭が発生するのは皮膚や血管の老化が原因だからです。

普通に考えて、10代の頃は絶対出ない加齢臭が、年齢が上がることで出だすのは単純に、体内が老化しているからです。

皮膚表面の汚れや、雑菌の種類が違うわけではないですからね。

どれだけ加齢臭対策グッズで体の表面を清潔にしても血管まで浄化することはできません。

■加齢臭の予防のためには普段から血管や体内に老廃物を溜めないことが大切なのですが、じつは血液を浄化するとそのまま体臭対策にもなるのです。

体臭には色々なステージがありますが加齢臭が出ていなくても血液中の汚れは大人特有の重い体臭として外に出ています。

もしあなたが、「最近体臭が強い気がする」と感じているのであれば、高い確率で体内に腐敗物質が蓄積していると思います。

『ウェーバー・フェヒナーの法則』によると臭いが100%増えた場合、臭いの原因の腐敗物質は900%増えています。

「少し臭いかな?」と思えるくらいであってもその原因である腐敗物質はすでに何倍にも蓄積している可能性が高いと言われています。

腐敗物質を放置すれば、加齢臭が早い段階で出だししかも強い臭いが出だす可能性があがります。

それだけでなく、加齢臭以外の、普段の汗の臭いや頭皮の臭い、性器の臭いなど、あらゆる部分の臭いが強くなっている可能性があるのです。