黒くて固いうんこの原因を分析してみた

nut_1280
黒くて固いうんこをちょっと分析してみましょう。

まず黒さですが、これは悪玉菌が大量に繁殖した結果だと言われます。乳酸菌などの善玉菌は、腸内を弱酸性にしてくれるので、便の色は茶色に近いものになります。便が黒いということは、善玉菌が少なく、悪玉菌が多いからです。

便秘だと悪玉菌が増えてしまう原因として、食べ物や老廃物が、腸内に長い時間とどまる、ということがあります。老廃物が腸内に長くとどまれるほど、便の腐敗が進んでしまいます。

次に、便が固い場合、水分が抜けきっていることが原因です。便秘だと、腸内の滞留時間が長いので、それだけ水分が吸収されて、便が出口付近で乾いて、固くなってしまいます。

黒くて固いうんこを、バナナ状にするためには、便の移動をスムーズにしたり、便の水分を保持する保湿が必要です。

もし、あなたがダイエットしたり、油物を控えているのであれば、それがあなたの便を固く黒くしている原因だと思います。

なぜなら、油分は便の滑りを良くしてくれますし、セラミドのように便の水分の蒸発を防いで、柔らかいうんちにしてくれる働きがあるからです。

たとえば豚骨ラーメンをスープまで飲み干す、ということを一週間続ければ、便が軟らかくなる可能性はかなり高いです。ただし、食事で油分をとると、それだけ脂肪の吸収も増えて太ります当たり前ですが、意外に難しい問題です。

太らずに、便を柔らかくするために、油分を吸着して便と一緒に排泄してくれる成分があります。

いくつかの食物繊維やレジスタントプロテインという成分で、食事からとった余分な油分を便として排出してくれるのです。

もともとダイエット効果が注目されていたのですが、じつは便秘解消や便を軟らかくする、と言う点ではほんとうに圧倒的な効き目があります。

黒い便や、固い便は、悪玉菌の影響による毒素やガスが発生している状態です。イボ痔、切れ痔、そして大腸ガン、乳がんのリスクも高めることになります。

現在、女性ががんで死ぬ時のいちばんの原因が大腸がんなのですが、これは便秘の女性が増えたことと関係しています。便秘の女性は、快便の女性にくらべて5倍も乳がんのリスクが高まる、というデータもあります。

逆に、便通を改善することで大腸ガンや乳がんのリスクも減らせるのです。いろいろな意味で、便通の改善はメリットが大きいですよ。

まとめ・・・

黒くて固いうんこを分析してみると、腸内で増殖した悪玉菌のカタマリだと言われています。腸内で老廃物が長時間腐敗することで、便の色が黒くなってしまいます。黒くて固いうんこをバナナ状の、きれいなうんこにするためには、便の水分量を上げたり、腸内の通過スピードを上げることが必要なのですが、水分保持や腸内移動を助けてくれるのが、油分です。油分を便と一緒に排泄してくれる成分をとれば、便秘改善とダイエットの両方に効果があります。