腸年齢を若返らせる方法


腸年齢という言葉を聞いたことがありますか?腸内環境は、年齢が上がるにつれて悪化していく傾向があります。

赤ちゃんのころ、わたしたちの腸内は90パーセント以上が善玉菌なのですが、年齢が上がるほど善玉菌が減っていき、悪玉菌の割合が増えていきます。

腸内環境と健康状態は密接につながっていて、例えば善玉菌の代表であるビフィズス菌についても重病の人の中には、ゼロ、という人も多いそうです。

腸内環境を悪化させる原因は、色々ありますが、まず食事内容の影響が大きいです。腸内の善玉菌も、悪玉菌もわたしたちの普段の食事を栄養素として繁殖しているので、当然といえば当然ですね。

悪玉菌を増やして腸内環境を悪化させてしまう食事としてはいちばん悪影響が大きいのが動物性食品、つまりお肉です。

たんぱく質や脂肪分はただでさえ消化が難しいのですが、咀嚼不足や早食いなどの習慣があると、腸内に未消化のたんぱく質のかけらが溜まってしまいます。悪玉菌は、このたんぱく質のかけら(窒素残留物といいます)が大好物なので、肉食が多いと悪玉菌が増えやすくなります。

意外と見過ごしがちなのが、薬です通常の風邪薬などでも善玉菌にダメージを与えますが特に抗生物質は善玉菌を殺しまくってしまうので、抗生物質の投与をやめた後に、逆に悪玉菌が大量発生してしまうという現象が頻繁に発生します。

カンジダ感染症なども、抗生物質の投与により、膣内のデーデルライン桿菌という善玉菌が死んでしまい、そのあとにカンジダ菌が大量に発生することで発症すると言われています。

でも、腸内環境は再び回復させることができます。乳酸菌などの善玉菌を継続的に摂取することで腸内で再び善玉菌が増え始めると言われています。

そのためには腸に生きて到達できる善玉菌をとらないといけません。99パーセントの乳酸菌は胃酸で死んでしまいますが、死んでしまった乳酸菌は繁殖できないからです。

まとめ・・・

腸年齢という言葉がありますが、腸内環境は大人になるにしがたって悪化していきます。赤ちゃんの頃は90パーセント以上が善玉菌だと言われますが、大人になると善玉菌の割合は平均20パーセント程度に下がってしまい、その分悪玉菌が増えてしまいます。腸内環境を悪化させる原因としては動物性食品の多い食生活や、抗生物質の使用によるダメージが大きいです。乳酸菌などの善玉菌を摂取してあげることで、再び腸内環境を整えることも可能です。