色々な食品から乳酸菌を摂取しよう


乳酸菌が入っている食品の代表はヨーグルトですが、じつはいろいろな食品に乳酸菌は入っています。

腸内の善玉菌を増やすという意味では、発酵食品であればほとんどは善玉菌が入っているので、味噌や納豆、キムチなどでも腸内環境の改善効果があります。

ヨーグルトの利点は、いろんな乳酸菌が選べるということです。プロバイオティクスと呼ばれる機能性乳酸菌で作った高機能ヨーグルトがコンビニやスーパーには並んでいます。

ヨーグルトが体質に合っていれば、いろんな乳酸菌を試しながら自分に合ったヨーグルトを探すのも楽しいかも知れません。

問題は、ヨーグルトが体質的に合わない人です。わたしもそうですが、乳製品が体に合わない人もいます。

簡単な確認方法は、牛乳を飲んで、お腹がゴロゴロしたり下痢になったり、おならや便が臭くなったりする場合、乳製品自体が体に合っていない可能性が高いです。

乳製品が体に合わない場合は、食品としては納豆や漬け物、味噌などを増やすことで善玉菌を取り入れることもできます。

注意するべき点は、加熱してしまうと、善玉菌が死んでしまうこともあるので、できるだけ非加熱で、生のままの発酵食品を食べることです。味噌はちょっと難しいですが、納豆はかなりおすすめです。便秘改善に納豆が良いとも言われますが、納豆には食物繊維と納豆菌が豊富に含まれるからです。

ただし、ヨーグルト以外の食品の場合は基本的に善玉菌の種類を選ぶことができません。

ヨーグルトや乳酸菌の選び方として自分にあったヨーグルトを見つけることが大切だと言われますが、通常の発酵食品では、乳酸菌を選べるタイプのものはまずありません。

そこで、ヨーグルトが食べられない人の場合乳酸菌のサプリメントを使ってみることが、乳酸菌の健康効果や便秘改善効果を実感するために、いちばん手軽で簡単な方法になってきます。