便通改善=アトピー改善


アトピー体質で生まれて何が辛いかって普通のことを普通にやれない、ということです。

わたし自身は中程度のアトピー体質だと思いますが、それでも食べるものにものすごく神経質になってしまいますし、ところどころが痒くなったり赤くなるので肌を見せる服装は基本的に避けてしまいます。

同世代の子たちが当たり前に楽しんでいるファッションや恋愛が、体の問題のせいで当たり前に楽しめないということを考えると、すごく悲しくなります。

どうにか体質を変えたいと思って色々調べたり試したりを繰り返しましたが、ひとつだけ簡単な法則が見つかりました。

便秘中はアトピーが悪化しやすいってことです。

もともと便秘体質でもあったのですが便秘が解消された時とか、運良く快便が続いた時なんかは比較的に肌の調子もいいんですよね。

皮膚科に行っても塗り薬をもらうだけで長年便秘体質を続けていたことがアトピー体質を長引かせてしまったかもしれない。そう思うとやりきれない気持ちもありますが、色々と勉強してみて分かったのはなぜ便秘だとアトピーが悪化しやすいかということです。それは腸にはわたしたちの体の免疫の80%が集中しているということなんですね

アトピーやアレルギー体質というのは免疫異常が原因だと言われています。

本来は反応する必要のない刺激にまで反応してしまい炎症を起こしてしまうからです。

便秘中は80%の免疫を司る腸が汚れて、バリア機能が低下するので、免疫系のトラブルが起こりやすいということなんですね。

実際にアトピー体質の人は便秘体質が多いという意見もあります。

腸を清潔にしてバリア機能を高めることでアトピー体質も改善する可能性も十分考えられると思うんです。

便秘を解消したり、腸のバリア機能を高めるには乳酸菌が有効だと言われています。

まとめ・・・

アトピー体質というのは他人には分からない痛みと孤独とフラストレーションを抱えてしまうやっかいな問題です。病院に行っても塗り薬をくれるだけで、なかなか根本的な解決や体質改善まで指導してれる先生も少ないようです。結果的に、何年、何十年間も普通の人が当たり前に行っている、おいしい食事や遊びや恋愛や結婚から遠ざかってしまい人生で損してしまう可能性もあります。アトピーは免疫の異常だといわれますが、免疫を正常化させるためには腸が大切だと言われています。