腸内細菌はいかにして口臭を作り出すのか

nuclear-explosion_1280
便秘だと口臭が強くなります酷い場合は、口から便臭が出たりする人もいるくらい『腸』の状態と口臭は密接に関係しています。

ひとつめの理由は、口と腸は1本の管でつながっているからです。

口、のど、胃、腸は『消化管』と言われますが便秘だと口臭だけでなく胃もたれしやすくなったり『消化管』全体に問題が起こってきます。

ふたつめの理由は、腸内で発生した腐敗物質が血液を通じて口臭に影響を及ぼすからです。

便秘になると、腸内では大量の腐敗物質が生まれ血液を通じて唾液を汚します。

唾液の原料は血液です血液中の有害物質は濃縮されて唾液と一緒に排出されることが知られています。

大学での研究データによると薬物の成分は血液中よりも唾液のほうが高い濃度で検出されるそうです。

血液の中にアンモニアやインドール、アミン類など強い匂いを放つ腐敗物質が増えることで唾液そのものが臭くなったり、口内が不潔になり歯周病などの粘膜の炎症にもつながるのです。

腸内で発生する腐敗物質が原因の口臭は『腸内口臭』とも呼ばれていて、歯医者に行っても治らない口臭です。

そのため、原因不明の口臭とも言われ、何年間も悩み続ける人が多いのも特徴です。

虫歯や親知らずによる口臭であれば一時的なものですし、言い訳もききますが、『腸内口臭』の場合、何年間も口臭が続きその人自体が臭い、というレッテルを貼られます。

まともな人間関係が築けなくなってしまったり性格的にも、精神的にも悪影響があります。口臭が原因で仕事を辞めたり(辞めさせられたり)ひきこもりになってしまう人もいるのです。

「それでは、便秘を治せばいいんですか?」

というのは、間違ってはいませんが、便秘はきっかけのひとつでしかありません

便秘であってもあまり口臭が出ない人もいます。

根本的には、腸内の細菌バランスが崩れてちょっとしたことですぐに腐敗物質が増えたり口臭や体臭が強くなってしまう体質にあります。

ただ下剤を飲んで便を出せばいいわけではないのです。

腸内環境自体を改善して腐敗しにくい腸を作ることが口臭体質の本質的な解決方法です。