口臭と免疫力の関係:簡単な口臭診断テスト


歯磨きしても治らない口臭の原因についてです。

簡単なテストがありますのでぜひやってみてください。

テスト:清潔な紙や布に『唾』を落として乾燥させた後、臭いを嗅いでみてください。

もし『唾』が臭いのであれば、これから話す『腸内口臭』という口臭の発生原因になっている可能性があります。

口臭が出てしまうとき、最初に考えるのは口の中の虫歯や歯周病などの問題です。

それは間違いではないのですが、じつは虫歯や歯周病の『原因』までは99%の人は考えることがありません。

たとえば大人は歯周病になりやすいと言われますがなぜ大人は歯周病になりやすいのか考えてみたことはありますか?

色々調べてみると、原因は1つです。

そのいちばん大きな要素としては『唾液』の問題です。

「つばをつけとけば治る」

子供の頃、そう言われた記憶があるかもしれませんが実際に唾液には強力な殺菌力があります。

虫歯も歯周病も口の中で雑菌が繁殖するのが原因です。

口の中で『唾液』の殺菌力が低下すると虫歯や歯周病にもなりやすくなってしまいます。

そして口臭も口の中の雑菌が問題で発生します。

つまり唾液の殺菌力の低下が口臭や、歯周病の慢性化を招いているのです。

なぜ唾液の殺菌力が低下してしまうのかというと唾液を作る血液の殺菌力が低下しているからです。

血液中に有害物質が大量に入っているとつまり血液がドロドロの状態だと血液が汚れて、唾液が汚れて、口内が汚れるのです。

逆に、血液の中に有害物質がなければ唾液の殺菌力が強いので口内も清潔になります。

血液を汚す最大の原因が腸内の汚れです腸内に残った老廃物や便、悪玉菌の毒素が腸の粘膜から血管に入り込んで血液を汚します。

腸内の毒素は、血液を汚して唾液を汚して口内を汚すというルールで口臭を発生させることになります。