整腸=バランス

waist_1280
腸を整えると書いて整調ですが、その方法はいろいろあって、とくにおならが多い場合、たとえば不溶性食物繊維の取り過ぎはおならを増やしてしまうリスクがあります。

慢性的におならが多いのであれば、腸内で老廃物が以上発酵しやすい状態つまり悪玉菌の数がとても多い可能性があります。

悪玉菌と善玉菌は腸内でシーソーゲームのように、勢力争いをしている状態です。善玉菌優位であれば、排便がスムーズで便の状態もよく臭いも少ないですが、悪玉菌優位であれば、便が出にくかったり、逆に下痢便になってしまいます。

さらに悪玉菌の特徴として、インドール、スカトール、ニトロソアミンといった人体にも有害な毒素を発生させる、という悪い働きをします。ニトロソアミンは発がん性も認められている猛毒です。

おならは、腸内環境が正常であれば、適量であれば問題ないのですが異常にガスが発生していたり、においがキツい場合、色々と問題が出てきます。

腸内で発生したガスは、まずお腹にたまり、それだけで苦しくて恥ずかしいですが、おならを我慢していると、毒素が血液中に吸収されて体中をおならが巡るという恐ろしい状態になります。

ひどい場合、口臭や体臭から便の臭いがする、という悲劇的な現象が起こります。そうでなくても、便秘の時はニキビができやすかったり、肌荒れしやすいです腸内の毒素が肌にもダメージを与えて炎症を起こしてしまうからです。

ガスが発生しやすいということは、それだけ腸で腐敗が起こりやすい状態です腸を腐敗させているのは悪玉菌なので、いかにして悪玉菌を減らすか、というのが体質レベルで腸をきれいにするためには大切になります。

赤ちゃんのうんちはあまり臭くないですし、赤ちゃん自体いいにおいがしますが、それは、赤ちゃんの腸内が90パーセントが善玉菌だからです。

大人になると誰でも悪玉菌が増えて行くのですが、それに伴って、体臭が強くなったり、便が臭くなっていきます。

善玉菌を増やすためには、基本的に外から乳酸菌などの善玉菌を補給してあげるというのはいちばん効果的だと言われています。

乳酸菌のうち、普通のヨーグルトに使われている乳酸菌の種類は、生存能力が弱く、99パーセント以上が腸に届く前に死んでしまいます。悪玉菌との戦争に勝つためには、もっと強力な乳酸菌を摂取するべきで、腸に生きたまま届く乳酸菌を選ぶ必要があります。

まとめ・・・

おならを減らすためには、適度な運動と腸内の改善の両方を意識しましょう。慢性的におならが多い場合は、腸内で悪玉菌が増えすぎている可能性があります。悪玉菌は発がん性物質であるニトロソアミンなど、いろいろな毒素を生み出し、大腸をを中心に腐敗させていきます。生ゴミが強烈なにおいを発するように、腸内で腐敗した老廃物は強烈な臭いを放ちます。便やおならの臭いがきつくなるだけでなく、体臭や口臭にまで影響してしまう可能性があります。腸の腐敗は、場合によっては重病にもつながるほどデメリットの大きすぎる問題なのです。