アトピー体質に便秘症が多い理由


便秘中って、アトピーが悪化したり、アトピー以外でもニキビができたり肌の調子が全体的に悪くなります。

その理由は2つあって1つ目は、便秘によって毒素が増えるからです。

便秘中は数キロ単位の生ゴミのような便が腸内で有毒ガスを出し続けています。

腸内で発生した有毒ガスは血液に入って肌の内側で炎症を起こしたり、肌表面でアクネ菌などの雑菌のエサになりニキビの原因を作ったりします。

有毒ガスなので、肌荒れだけではなくて頭痛や冷え症の悪化などにも影響しています。

2つめは腸の免疫システムにダメージを与えてアトピーの原因である免疫異常を悪化させる可能性があることです。

腸にはわたしたちの免疫の80%が集中しています。便秘のよって腸内に汚れが蓄積されることで腸の免疫システムに過度の負担がかかってしまい正常な働きを邪魔してしまう可能性があります。

実際に、アトピー体質の人は便秘症が多いという専門家の意見もあります。

まず便秘をしっかり解消することがアトピー体質の改善や、肌をきれいに保つために絶対に必要なことだと言えます。

わたしたちが望むのは、体質の改善だと思いますもし今日、少しアトピーが改善しても明日になったら元に戻っているのであればあまりうれしくないのではないでしょうか?

もしたまたま肌がきれいなときに男性と知り合っても、次に会うときにアトピーがひどくなってしまっていたら自信をもって彼に会うことは難しいと思います。

今日よくなった、明日はもっとよくなる、来月はもっとよくなるという継続した体質の改善こそが希望ではないでしょうか?

だからこそ、安定して体質改善できる方法が必要だと思います。