代謝を上げてお腹をへこます:便秘だと皮下脂肪が溜まりやすい理由


お腹は皮下脂肪がつきやすい部分です。中年太りなど、からだの代謝が低下したときにいちばん最初に皮下脂肪が溜まっていくのがお腹周辺です。女性の場合、特にお腹周りの筋肉が少ないのでお腹の代謝活動が低下しやすく脂肪もたまりやすい状態にあります。

特に注意してほしいのが、便秘や冷え、むくみです。特に慢性的な便秘状態であれば、腸内にたまった老廃物だけでなく、腸周辺に脂肪がつきやすかったり、体全体の代謝が低下することで、お腹を中心に、全体的に脂肪が溜まりやすい状態になってしまいます。

すべての体の問題は、腸の腐敗から始まると言われています。腸内で悪玉菌が増殖することで、毒素が増えて、血液を汚してしまいます。腸の中で発生した毒素は一部がおならや便として排泄されたあと、腸の粘膜を通じて、血管に流れ込むことになります。

便秘の時にニキビができやすかったり肌荒れしやすい、というのはあなたも経験しているかもしれません。腸から吸収された毒素が肌表面で炎症を起こすからです。毒素は、おならや便だけでなく、汗や呼吸などから排出されるので、腸の腐敗がひどくなることで、体臭がきつくなったり、口臭がきつくなることもあります。人によっては口臭に便のニオイが混じることもあるのです。

また、血管に入り込んだ毒素は血液をどろどろにしてしまいます。冷え性やむくみの原因は血液がどろどろになって血行が悪くなるからです。からだの血管のうち、93パーセントは毛細血管というとても細い血管です。毛細血管は、血液の赤血球がちょうど通れるくらいの細さしかありません。腕や脚、おなか、顔などの目に見えない部分にも、びっしりと毛細血管が走っています。

顔色が悪いのは、毛細血管の流れが悪くなっているからです。タバコを吸う人はスモーカーズフェイスと呼ばれる、黒ずみが発生しますが、それはタバコによって血行が悪化していることがいちばんの原因です。

脂肪は血行のわるい場所にたまると言われていて、便秘によるむくみや冷えが、ただでさえ溜まりやすい脂肪を腸のまわりのお腹に蓄積してしまいます。便秘で、お腹が冷えやすい人は、特に要注意です。

お腹の皮下脂肪は、代謝の低下によって蓄積が進みます。もともと脂肪は燃焼されにくい性質がありますが、慢性の便秘や便秘にともなう冷えやむくみによって、さらに蓄積されていき、セルライトになってしまうこともあります。便秘のいちばんの問題は血液が汚れることです。血液の汚れはニキビなど肌荒れの原因も作りますが、血行の悪い場所に脂肪はたまるので、便秘が肥満の原因も作ることになります。特にお腹が冷えやすい人は皮下脂肪が溜まりやすいと言われ注意が必要です。