便秘だと痩せにくい理由:腸が太り、腹が太り、全身が太る

alone-girl_1280
わたしの友人で、自力で排便できないほどの重度の便秘の子がいるのですが、その子はすごくストイックな食事制限をしても、お腹が痩せません。

どのくらいストイックかというと、その子が最初にやったのは1日500キロカロリーに抑える食事制限を一ヶ月です。でも体重はそれほど落ちませんでした。一ヶ月で2キロ程度です。もともとややポッチャリ気味だったので、かなり標準よりも太り気味のままです

そこで、なんと1日300キロカロリーに制限するという、普通なら「死ぬんじゃないか」と思えるくらいの食事制限です。ところが、それでも痩せないのです。一ヶ月で1キロちょい、はっきりいって見た目は変化なしです。もちろんお腹はかなり出ている状態のままです。そのくらい、便秘はダイエットの大敵です。

ぽっこりお腹の原因として、いちばんは便秘なのですが、腸に便がつまっていたり、ガスが溜まっているだけではありません。特に注意して欲しいのは慢性的に便秘体質が長い人です。便秘の状態は、腸がパンパンに膨らんで、活動も低下していますのでそれだけ腸が太くなり、色も黒ずんできます。長い間便秘状態がつづくことで、腸が便の重さに耐えられず下に垂れ下がってくる「下垂」という症状も起こります。

さらに問題なのは、大腸内が腐敗状態になっているので毒素がどんどん排出されて、腸周りの血行が悪化することです。血行の悪化がむくみや脂肪につながることは常識なのですが便秘が腸内だけでなく、お腹まわりの脂肪の原因も作っています。

もちろん、便やガス自体がかなりのスペースをとっていることもあります。宿便の量は数キロとも言われるので、ダンベルがお腹に入っているようなものです。ガスは気体なので、重さの何倍もの体積になって腸を膨らませます。お腹にダンベルが入っていると想像すると、便秘でお腹がぽっこりするのも、気分が落ちこんだり、体が重くなるのも当たりまえかもしれません。

逆に便秘を解消して腸をきれいにするだけで、お腹周りがかなりスリムになる可能性が高いです。まず数キロの老廃物がなくなるので、それだけですっきりします。腸の活動が活発化するおとで、腸周りが自然と痩せていきます。血行もよくなるので、ダイエットの効果も出やすくなります。

まとめ・・・

ぽっこりしたお腹をどうにかしたい場合、何はなくても便秘改善が絶対条件です。わたしの友人の体験談も公開しているので、参考にしてください。便秘がひどいと、どれだけ食事制限しても、運動しても、ほとんど痩せない可能性があります。特に便秘だとお腹周りの血行が悪化して、脂肪がつきやすくなり、さらに運動しても燃えにくくなります。血行が悪い場所に脂肪がつきます。便秘は老廃物やガスの問題だけでなく、皮下脂肪を溜める、と言う意味でも真っ先に解決しないといけないのです。