便の臭いを消す方法

便の臭いを消すふたつのアプローチ

おならが臭かったり
ウンチが臭いのをどうにかしたい
という話です

便やおならの臭いを消したい場合、
ふたつのアプローチがあります

ひとつめのアプローチは、
腸内の腐敗を防ぐアプローチです

便やおならの臭いは、
インドールやスカトールという悪臭成分なのですが、
これらは腸内が腐敗して、悪玉菌が増殖すると発生します

便の原料は食べ物のカスや、体の老廃物、油、食物繊維ですが、
これらの原料自体はそれほど臭くありません

悪玉菌が増殖して、大腸が腐敗したときに
強くてきつい臭いが発生してしまいます

例えば、野菜や果物そのものは臭くありませんが、
生ゴミが放置されるとどんどん腐っていきますよね

同じように、新鮮な便はそれほど臭くありませんが、
便秘で腸内に滞留する時間が長かったり
腸内に悪玉菌がもともと多かったりすると、
便が腐敗してしまい、臭くなってしまいます

便が臭い、というのは、腸内で悪玉菌が増殖して
有害物質が大量に発生しているから臭いのです

便秘や腸内腐敗のおそろしいところは、
便の臭いだけでなく、体臭や口臭にも影響することです

腸内で腐敗が起こると、最初にうんちやおならが臭くなりますが、
有害物質は腸内の粘膜に吸収されてしまうので、
血管に入り込んで、体全体をグルグル回ることになります

その途中で、汗と一緒に毛穴から排出される場合、
体臭が独特の臭いになってしまいます

毛穴に炎症を起こす原因にもなり、
ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの原因にもなります

有害物質は肺にも入り込んでしまい、
息と一緒に出て、口臭を臭くすることもあります

さらに体全体の細胞にもダメージを与えることになります

簡単に言うと、アルコールと一緒です
お酒を飲むと、息が酒臭くなりますよね
たくさん飲めば汗や体臭が酒臭いこともあります

アルコールは体にとって有害な異物なので、
尿や息や毛穴から少しずつ排出されていきますが、
その途中で、肝臓によって『解毒』される必要があります

体内にアルコールが入り込むと
肝臓はアルコール分解酵素を分泌して
アルコールを無害化する必要があります

二日酔いの時、体がだるかったり、食欲がなくなりますが、
その理由は、内臓がアルコールの『解毒』にフル活動するので
そのほかの機能が低下してしまうからです

便秘だと気分も詰まった感じになります

便秘だとイライラしたり、集中力がなくなると思います
それは腸内で発生する有害物質が、細胞にダメージを与えるからです

腸内が腐敗して有害物質が発生した場合も
内臓は解毒酵素を出して、有害物質を『解毒』する必要があります

そのため、新陳代謝やエネルギー生産が低下してしまい、
肌がくすんでしまったり、つかれやすくなってしまいます

いわば、軽い風邪を引いているような状態です
免疫力の大分部を腸内で発生した毒素の解毒に使うので
病気に対する免疫力も低下してしまいます

免疫力の低下によって起こる病気の代表が『がん』です
便秘だとがんになりやすいと言われています
乳がんになる確率は、便秘だと快便の人にくらべて5倍と言われます

腸内の腐敗は、臭いだけの問題ではなく、
健康全体がむしばまれてしまう
意外と恐ろしい状態なのです

便が臭い
おならが臭い
口が臭い
体臭、加齢臭

それだけでも、ものすごいストレスですし、
その上、老化や病気にもつながるということです

すべての病気は腸の腐敗から始まる

と言われています

便秘だと乳がんになる確率が5倍になります

便秘からガンになることもあります

意外と、深刻な問題なのです・・・

■腸の腐敗を止める方法

腸内の腐敗を止める方法としては

1.食物繊維で便の通過スピードを上げる
2.乳酸菌で悪玉菌を減らす

という方法があります

まず便の通過スピードを上げる、便通を良くする
ということは当たり前過ぎますが大事です

腸内は37度くらいなので、真夏よりも熱いです
その状態で生ゴミを放置したら速効で腐って
異臭を放ちはじめます

当たり前ですが、1日放置するよりも3日放置するほうが
より腐敗が進んで、より臭くなります

便の通過スピードを上げるために
絶対必要なものは食物繊維です

『増えるワカメ』

ってありますよね

ワカメが水分を吸収して
何倍にも膨らむ、というやつです

ワカメには、水溶性食物繊維が豊富なのですが、
水溶性食物繊維には、水分を吸収して膨らむ性質があります

腸内では水分だけでなく老廃物や毒素も吸収して
何十倍にも膨らむので、便を一気に押し出す効果があります

ワカメなどの海藻類や、果物には食物繊維が豊富なので
できるだけ果物と海藻類を食べるのが良いのですが
正直、一日に必要な量を食事だけでとるのは困難です

一日に必要な食物繊維は、
とりあえず20gと言われています

一般的な食事だと10gくらいしか取れません

この20gという数字も、
厚生労働省が、あまりにも女性の食物繊維摂取が少ないので、
とりあえずの目標値として決めた数字だと言われています

本当は30gくらい摂った方がいいそうです

リンゴ一個でとれる繊維が3gから4gくらいなので
一日に5個か6個くらいのリンゴを食べないといけません

ちなみに、野菜ジュースにはほとんど繊維は入っていないので
ひとり暮らしだったり外食が多いとどうやっても足りません
食物繊維だけは品質の良いサプリを探しておきましょう

■悪玉菌を減らす

腸の腐敗を止める方法その2です

腸内の腐敗を止める方法として、
悪玉菌を減らす、というアプローチもあります

生ゴミにしても、便にしても、
雑菌や悪玉菌が繁殖して腐敗します

悪玉菌がいなければ、腐敗は起こりません

悪玉菌を減らすためには、善玉菌を増やすしかありません

腸内では悪玉菌と善玉菌がシーソーゲームのように
勢力を争っています

腸内細菌は100兆個以上と言われていますが、
そのうち、善玉菌が20パーセント、悪玉菌が20パーセント
残りの60パーセントは日和見菌といって中間の菌です

もし、シーソーゲームが善玉菌優位であれば、
日和見菌は善玉菌の方に味方します
つまり善玉菌80パーセント、悪玉菌20パーセント
という状態になります

この状態であれば、ほとんど腸内は腐敗しません

ところが、悪玉菌がシーソーゲームに勝利すると
日和見菌は悪玉菌の見方をすることになります
つまり悪玉菌80パーセントという闇の世界になってしまいます

色々な人に聞いて分かったのですが、
便秘でもそれほど便やおならが臭くなかったり、
体臭や口臭も臭くない人もいるようです

そういう人は、かなり善玉菌が強い人だと思います
便秘だと悪玉菌が増えやすいので、かなりレアケースなのですが、
もしそういう体質ならラッキーです

逆に、毎日便通があっても、かなり便やおならが臭い場合、
腸内が悪玉菌優位の状態だと思われます

臭い=悪玉菌です

乳酸菌は善玉菌の代表なので、
乳酸菌をたくさんとれば、悪玉菌をやっつけてくれます

ただし、ヨーグルトではダメだと思います

乳酸菌にも色々な種類があって、強い菌、弱い菌がいます
強い菌の代表は、ラクトバチルス・アシドフィルス菌です

ラクトバチルス・アシドフィルス菌が入っていないサプリは
基本的に選んではいけないと思います

あと、ヨーグルトはあまりよくないです
ヨーグルトの乳酸菌はあまり強い菌ではありません
腸内で悪玉菌をやっつける力が弱いです
しかも、ほとんどが腸に到達できずに死んでしまいます

ヨーグルトや乳酸菌飲料のもう一つの問題は、
乳酸菌が1種類しか入っていないことです

腸内細菌は300種類以上と言われていますが、
乳酸菌はそれぞれ働きが異なるので、
いろいろな乳酸菌をとらないといけません

ラクトバチルス・アシドフィルス菌は絶対条件として
目安としては10種類前後の乳酸菌をとれるサプリ
というのを選びましょう

■腸内を消臭する

ファブリーズを飲んだら
もしかして便臭が消えるかな?

と思ったのですが、まだ試せていません・・

便やおならの臭いを消したり、
体臭や口臭を予防するためには
腸内環境の改善が大切なのですが

便秘を改善したり、
腸内最近のバランスを変えるのは
けっこう時間がかかります

あと、便秘を解消した後でも、体調や食べ物によって、
一時的に臭いが強くなることがあります

すぐに臭いをどうにかしたい

そういうときには、体内から消臭してくれる
ファブリーズのようなサプリが役立ちます
簡単に言えば、体内を殺菌してくれるサプリです

ポリフェノール

という名前は聞いたことがあると思います
リンゴポリフェノール、コーヒーポリフェノールなど
色々あります

なんでもかんでもポリフェノールと言っているようですが、
じつは自然界には4000種類以上のポリフェノールがあります

ポリフェノールというのは、
植物が外敵から身を守るための成分なので、
基本的に殺菌効果、抗菌効果があります

その中で、人間の体にも良い働きをするものが
健康食品やサプリメントとして使われています

便臭や体臭は、インドール、スカトール、
ニトロソアミンなどの毒素のニオイです

毒素を作るのは悪玉菌なので乳酸菌で悪玉菌を退治して
毒素の生産自体を減らすことは大切なのですが、
発生した毒素を中和して、消臭してくれるのがポリフェノールです

大まかにまとめると、短期的にはポリフェノール系、
中期的には乳酸菌などの善玉菌を増やして腸内環境を改善し、
長期的に赤ちゃんのようなピンク色の腸を目指す、
というイメージで取り組むと良いと思います。