ひどい便秘の固い便を柔らかくしたい

便秘が長引くほど、便自体が固くなってしまいます。慢性的な痔に悪化する恐れもあります。いつもカチカチの便秘になってしまう場合、便を柔らかくするアプローチと、便のすべりを良くして排便をスムーズにするアプローチが必要です。

痔の恐怖

硬い便の恐ろしいところは、ほぼ確実に切れ痔になる、ということです。肛門の大きさはゴルフボールくらいですが、その上にソフトボールくらいのカチカチの便があります。どう考えてもスムーズに出るわけがありません・・・

便秘が長引くと硬い便が肛門のうえにどっかりと座って、無理に出そうとしても、まったく出ないか、出たい勢いで肛門が裂けてしまいます。

お尻の穴を内側から拡張しているようなものですわたしは自称『M』ですが、そんなプレイはいやです(笑)

いちど切れ痔になると、くせになってしまいます。痔は完治が難しいと言われていますので、一生治らない可能性もあります。排便自体が苦痛になってしまい、さらに便秘が悪化していく悪循環です。

切れ痔だけでなく、いぼ痔も出来やすくなります。15分以上トイレに籠もることも珍しくないと思いますが、その間、肛門はずっと鬱血しています。

トイレに座る時間が長いほど、イボ痔になりやすいと言われています。

イボ痔が悪化すると、どんどんイボが大きくなって、お尻から飛び出すようになることもあります。排便のたびに、指でイボを肛門の中に押し込む必要も出てきます。人には絶対に言えない悩みになってしまいます。

カチカチ便秘から脱出する

カチカチの便秘から脱出して、バナナウンチを目指すためには、便を柔らかくすることが最初のステップです。便秘には乳酸菌が良い、といわれますが、カチカチコロコロ便の場合、効果が薄いと思います。

医者で処方される酸化マグネシウムも、重度の場合は効かないこともあります。しかも酸化マグネシウムではバナナウンチにはならず、ただの軟便になってしまうことが多いと言われています。

便を軟らかくするために必要なのは、油と食物繊維です。

健康的なウンチに大切な成分は水と油と食物繊維です。超基本的なことですが、以外とおろそかになっていませんか?

食物繊維は、毎日20gくらい摂らないといけませんし、何十種類もある繊維のうち、便を軟らかくするタイプでないといけません。

例えばリンゴの食物繊維はペクチンといって、かなり便を軟らかくする効果がありますが1日、4個から5個食べないといけません。

食物繊維だけはサプリで摂る必要があります。

油は食事から摂る場合、油物やこってりしたものを増やすことになり、どうしても太ってしまいます。

食事の油を吸着して便と一緒に排出してくれるタイプの食物繊維もあるので、そういうものであれば体に吸収される油を減らして、便の油を増やしてくれます。ダイエットと便秘解消の両方の効果がありますよ。

まとめ

カチカチ便秘やコロコロ便秘の場合、長引けばそれだけ痔のリスクが上がります。いちど痔になってしまうと完治が難しいといわれ、さらに便秘が悪化してしまう悪循環になってしまいます。

まず便を柔らかくして、排便をスムーズにしてあげる必要があります。

便を柔らかくする成分としては、油分と食物繊維を十分に摂取することです。薬に頼らなくてもバナナウンチは出せます。むしろ薬に頼ると快便にはなれません。食事だけだと十分な食物繊維をとるのは困難なので、サプリの利用がおすすめです。