便秘によって血液がドロドロになる結果・・

dump-land_1280
便秘で一番恐ろしいのは、お腹の張りでも、体の重さでも、太ることでも、頭痛でも、吐き気でもありません。

血液が汚れることです。

便秘の腸内は、何日間も放置された生ゴミのように食べ物のカスや老廃物がドロドロに腐敗した状態です。悪玉菌が出す発ガン性物質を含む有害ガスは腸の粘膜のヒダヒダから血管に入り込みます。

その結果、血液が毒素で汚染されることになり血管や細胞がダメージを受け続けることになります。

血液の汚れの分かりやすい症状として体臭の悪化があります。

便秘の最中は体臭がいつもよりもくさくなったり酷い場合は、口臭がウンチ臭い匂いになることもありますが、それは血液中に腸内の腐敗物質が入り込んでいるためです。

頭痛や吐き気などの症状も血液がドロドロになった結果だと言われています。

血液を汚すものとして、便秘の他にもタバコが代表的ですが、ある意味では便秘であるだけでタバコをスパスパ吸っているのと同じように血液中に毒素が流れ込んでしまうのです。

血管のダメージが蓄積することで動脈硬化や心筋梗塞をはじめ、血管系の重大な病気のリスクが高まると言われています。

わたしたちの手足を走る血管のほとんどは毛細血管と呼ばれる目に見えないほど細い血管です。体中の93%は毛細血管で出来ています。汚れたドロドロの血液は毛細血管を通ることができず血液が汚れることで、血行そのものが悪くなります。

重大な病気になっていなくても、冷え症や、慢性疲労など、血流が悪化することで様々な不快な症状が起こります。多くの女性は年齢を重ねるにつれ冷え症が悪化したり、疲れが抜けにくくなりますがその原因のひとつとして、便秘による血管の悪化が原因となっています。