冷えると下痢になる体質を改善する方法

letters_1280
ちょっと冷えると下痢になる体質だと、いろいろと気を遣うことが多いと思います。冷たいものを飲まないようにするのはもちろん、腰巻きや重ね着など、万全の準備をしていると思います。

でも、あなたが下痢になりやすいのは、「冷え」が原因ではない可能性もあります。冷えは、きっかけにすぎないのです。

下痢は、腸がくしゃみをしている状態と言われます。くしゃみは、病原菌などがからだに入り込まないように肺や喉が起こす免疫反応です。

下痢も同じように、胃腸から病原菌や有毒物質を吐き出すために腸が一生懸命動いた結果、下痢になってしまうのです。

冷えると下痢になりやすいのは、温度が下がると、内蔵機能が低下して、胃腸の免疫力が下がるからです。防御力が下がるので、少しの有害物質でもダメージを受けてしまいます。そこで、できるだけ有害物質を外にだすために下痢が起こります。

有害物質は、食中毒やインフルエンザウイルスなど、外側から入り込むこともありますが、腸内の悪玉菌の中には発がん性物質を作り出す菌もいて、腸内でも発生します。つまり、外側と内側で有害物質が発生しています。

逆に、乳酸菌に代表される善玉菌は、腸内の悪玉菌を減らしてくれのと同時に、外側から入り込むウイルスなどとも戦ってくれます。

乳酸菌の活動が活発であれば、有害物質を逆に減らすことができます。乳酸菌の摂取で下痢が改善することがありますが、腸が有害物質に過敏に反応する必要がなくなるからです。

ただ、一時的に下痢を改善するだけでなく、できれば体質レベルで胃腸を強くしたいと思いますよね。外側からとった乳酸菌は定着することがなかなかないので、体質を変えるためには、あなたの体内の乳酸菌を活性化したり、乳酸菌が定着するように時間をかけて取り組む必要がありますが、現代では内側から腸を強くすることも可能だと言われています。

まとめ・・・

冷えると下痢になってしまう体質だと色々と冷えないための工夫をしていると思います。でも、あなたの下痢は冷えそのものが原因ではない可能性もあります。体温が下がると内蔵機能が下がるのは事実ですが、冷えると下痢してしまう体質は、腸内の免疫機能が弱体化しているために、冷えに耐えられない状態だからです。乳酸菌で腸の免疫機能を強化してあげることで、冷えにも耐えられる丈夫な胃腸を作ることができるかもしれません。