便秘体質は加齢臭のリスクを高める理由


便秘体質だと加齢臭のリスクがあがります。

加齢臭を強くする要因としていちばんの大きな要素は血管と老化と血液の汚染です。

加齢臭の原因物質はノネナールという物質ですがノネナールといのは、皮脂が酸化されて発生します。

血管や血液が汚染されていると、活性酸素が増えてノネナールが発生する原因も増えてしまうのです。

便秘だと、腸内に腐敗物質が増えて粘膜から血管に流れ込んでしまうので血液が汚染されて、血管にもダメージがあります。

酷い場合は体臭自体が便の臭いになったり口臭から便臭が出てしまうのですが、はっきりと『便』の臭いとは分からなくても腐敗物質が増えれば臭い自体が強くなります。

全ては腸の腐敗から始まると言われます。便秘の時に頭痛がすることもありますし吐き気がすることがもありますが、やはり血液が汚れていることが原因です。

■便秘だけではない原因

将来的にも加齢臭を出したくない体臭自体を減らしたい場合、便秘体質を改善した方が『ベター』ですがそれだけでは不十分です

便秘体質でも臭くない人がいたり便秘でなくても臭い人がいるように、必ずしも便秘そのものが体臭や加齢臭の原因ではないからです。

では、何が体臭の原因かというとひと言で言えば、『腸の腐敗』です。

便秘であってもなくても、腸内が腐敗していれば、体臭が強くなり今後加齢臭が出だす確率が上がったり、加齢臭が早い年齢で出だすことになります。

血管や血液そのものが汚染されることにより気づかないレベルで疲労しやすい体質になったり頭痛が起こったり、肌荒れしやすくなっています。

逆に、腸の腐敗を止めて、腸内を浄化するだけで体臭が消えるだけでなく、集中力があがったりイライラが減ったり、若返る可能性もあります。体臭以外にもメリットが大きいのが腸内の浄化です。