乳製品アレルギーならサプリからでも乳酸菌は摂った方がよい

good_1280
便秘には乳酸菌がいいことは分かっていても乳製品アレルギーなのでヨーグルトが食べられない人もいると思います。

コンビニにいけばいろんな乳酸菌が売っていて、テレビや雑誌でも新しいヨーグルトがどんどん出ています。

今、乳酸菌の開発がすごく進んでいて、企業も力を入れています。その恩恵を受けられないと思うと、損した気分になってしまいますよね。

例えば、これまでほとんどの乳酸菌は腸に届かずに胃酸で死んでしまったのが、欠点だったのですが最近では、腸に届きやすいビフィズス菌や植物性乳酸菌、有胞子性乳酸菌など、強力な菌種が発見、開発されています。

乳製品アレルギーの原因は、主に2つありますひとつは、乳糖という牛乳に含まれる成分がダメな場合、もう一つはカゼインというたんぱく質がダメな場合です。

牛乳に比べてヨーグルトはこれらの成分がいくらかはアミノ酸などの物質に分解されているので、軽度の乳製品アレルギーであれば、牛乳はダメでもヨーグルトであれば食べられることもあります。

ただ、もしあなたが乳製品アレルギーであればやっぱりヨーグルトもおすすめできません

分解されているといっても、それは部分的に分解されているだけです。下痢や、アレルギー症状が出ないといっても、体や胃腸に負担がかかっていることには違いがないからです。

ヨーグルトだけでなく、乳酸菌飲料であってもほとんどの飲料は牛乳の成分が含まれています。原料をチェックして乳脂肪分という表示があればなんらかのかたちでからだに負担がかかってしまうと思います。

乳酸菌飲料の場合、乳脂肪分ゼロのものを選ぶ必要がありますが、かなり選択肢がせまくなってしまいます。

それでは、乳製品アレルギーの人は乳酸菌がとれないのか、というとそんなことはありません。

乳酸菌のサプリメントであれば、おそらく問題ないでしょう。

乳酸菌のサプリメントにも色々ありますが、最初は高機能ヨーグルトに含まれている主要な乳酸菌をバランス良く配合したサプリが乳酸菌の効果を実感するためにはおすすめです。