ヨーグルトでおならが臭くなる人は要注意:腸内環境が悪化している?


ヨーグルトを食べた後、少しおならが臭くなりませんか?ヨーグルトといえば乳酸菌が入っていて、便秘解消とか腸をきれいにするのに効果的と言われていますが、逆におならが臭くなってしまうのはなぜでしょうか?

じつはヨーグルトは腸を汚してしまうこともあります。特におならが臭い、と感じた場合要注意です。

おならが臭いということは、それだけ毒素が腸内で発生しているということです。。

ヨーグルトなど乳製品をうまく消化できない体質の人がいます。とくに日本人には多く、半分近くの日本人は、乳製品を消化する酵素が不足気味とも言われます。

体質的にヨーグルトが消化不良になりやすい人もいるということです。

ヨーグルトは栄養豊富なことも特徴ですが、消化不良気味で腸に入ってしまうと未消化のたんぱく質や脂質が悪玉気のえさとなり悪玉菌を繁殖させてしまうことがあります。

乳酸菌で腸がきれになるどころが悪玉菌が増殖して腸が汚れてしまうのです。

本来、乳酸菌が体質にあっていればおならや便の臭いはすくなくなる傾向があります。

おならが臭くなる場合は注意が必要ですし、軟便気味である場合は、かなりの確率で消化不良が起こっています。

もしヨーグルトを便秘解消のために食べているのであれば逆効果の可能性が高いのです。

いっそのこと、乳酸菌そのものをとったほうが効率的かもしれません。

今、色々なヨーグルトが開発されていて、乳酸菌の開発も進んでいます。植物性乳酸菌、腸まで届く乳酸菌、ビフィズス菌、アシドフィルス菌など注目の乳酸菌が全部一度にとれるのもサプリメントの利点ですね。