便秘による血液の汚れが口臭を引き起こすメカニズム


便秘だと口臭が臭くなる経験をしたことがある人もたくさんいると思います。

便秘であることで、腸内で発生した腐敗臭が血液に入り込み、口臭につながるからです。

腸内の腐敗が原因の口臭を『腸内口臭』といいます。

腸内口臭の恐ろしいところは自分では気づきにくいところです。

もともと口臭そのものが自分でわかりにくい性質があるのに加えて、発生源が腸内の口臭は、体中を腐敗臭が巡ることになるので、ニオイになれてしまいなかなか気づくことができません。

自分で気になるようになった頃には他人からは十分に臭い状態になっている可能性もあります。

腸内口臭は2つのルートで口臭をくさくします。

1つ目は直接ルートです。口と胃と腸は1本のチューブのようにつながっています。便秘だと吐き気がしたり胃もたれしやすいように直接、腐敗臭が逆流している可能性があります。

2つ目は間接ルートです腸内で発生した腐敗臭は腸の粘膜を通じて血管に入り込み、体中を巡りますその結果、唾液や口の粘膜から腐敗臭が排出されることになりますが、特に唾液の汚染は深刻です。

唾液は、血液から作られますが血液中の汚れが濃縮される性質があるからです。

覚せい剤などの薬物であっても、血液中の成分が唾液に濃縮されることが知られています。

便秘によって腸が汚れて、腸の汚れによって血液が汚れて、血液の汚れによって唾液が汚れます。

唾液の汚れは、直接的に口臭につながるだけでなく唾液本来の殺菌力を低下させてしまい、口の中を雑菌が繁殖しやすい不潔な環境にします。

その結果、虫歯や歯周病などのリスクも高まります。

腸内環境=口内環境だといっても大げさでもなんでもないのです。

口臭が気になるのであれば、歯医者で虫歯や歯周病の治療も必要ですが、歯科治療で口臭が改善しなかったり便臭に近い口臭があったりするのであれば腸内口臭のケアも必要だと考えられます。