体臭を減らす方法:便秘だと体も臭くなりやすいってホント?

体臭を消す方法について話そうと思います

体臭がくさい、というのは、かなり苦しいことです
人と会うのも怖くなってしまったり、
ノイローゼや鬱病になってしまうこともあります

体臭=不潔

というイメージがあるので、
毎日お風呂に入って、清潔にしていても
ファッションや化粧に気をつけていても

くさい、というだけで人の印象を
一気に最低レベルまで下げてしまいます

ぞうきん臭い、かび臭い、脂臭い、腐卵臭、
甘い匂いなど、

臭いにも、色々ありますが大きく分けると
雑菌による臭いと、皮脂の酸化による臭いがあります

雑菌による臭いの代表は汗臭さやわきがです
汗と一緒に排出された老廃物が雑菌によって
分解されることで発生するニオイです

わきがの場合、脇の下のアポクリン汗腺が多く、
汗と一緒に様々な栄養分が出てしまうので
栄養分が雑菌によって分解された時に
独特に強烈な臭いが出ることになります

皮脂の酸化による臭いの代表は加齢臭です

加齢臭は皮脂の中のパルミトオレイン酸が
ノネナールになることで発生するニオイです

じつは加齢臭は酸化臭の一種であって、
加齢臭が出なくても、皮脂の酸化による臭いというのは
誰でも発生しているものなのです

特に大人になってから加齢臭でもないのに
体臭が強い、という場合は酸化臭が強くなっています

ノネナールが発生していなくても、
皮脂中のペラルゴン酸という脂肪酸が酸化して
独特の重いにおいが発生しているのです

酸化臭は皮脂が空気に触れることによって発生します
誰でもずっと風呂に入らなければ臭いものですが
10代や20代の前半は体内の抗酸化物質が豊富なので
なかなか臭くなりません

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)や
カタラーゼなどの抗酸化酵素が、酸化を防いでいます

ところが、20歳をピークに、体内の抗酸化力は
徐々に低下していきます

簡単に言えば、入浴後24時間で発生したニオイが
年齢が上がると入浴後12時間で発生するようになります

皮脂の分泌は30代がいちばん多く、
10代と比べて2倍以上になることもあります

そのため、酸化臭は20代後半から30代にかけて
一気に発生することになります

突然、体臭持ちになってしまうのです

酸化臭のやっかいなところは
デオドラント剤だけでは対処が難しいことです

ほとんどの臭い対策スプレーやクリームは
殺菌や除菌を目的にしています

酸化臭の原因である、酸化を食い止める力はありません

スプレーしても臭くなってしまうようになると
かなり途方にくれてしまうことになります

あるとき突然、体臭持ちになってしまうと
昔は良かったと思うことが増えます

思いっきり活動できて、
自分の体臭なんか気にすることなく人と話せて
悩むことがなかった時代がなつかしくなります

人生は逆戻りできませんが、
体質を変えたり、昔の体質に逆戻りすることは可能です

単純に考えて、
10代と今の違いは、抗酸化力です
抗酸化力を高めることで、昔のように
臭いに悩まない生活を取り戻すことができます

男でも女でも、年齢が上がると体臭が強くなります
ワキガ体質でなくても強烈な臭いが出ることもあります

大人になってから、突然体臭が強くなった場合、
酸化臭と呼ばれる、皮脂が酸化されて発生する臭い
が強くなっている可能性が高いです

20代から30代くらいで、
加齢臭でもないのに、最近なんか体臭がくさいな・・
と思ったら酸化臭である可能性が強いです

加齢臭も皮脂が酸化されて起こる臭いなので
すでに体臭が強い場合、数年後には
強烈な加齢臭が出だす可能性も高いです

酸化臭はストレス臭とも言われます

ストレスを感じると活性酸素が大量発生して
皮脂を一気に酸化させてしまうからです

ストレスがなくても、空気に触れている時間が長いと
皮脂は酸化して臭いを出すようになります

小学生や10代の若いときは
ほとんど酸化臭が出ないのですが、
その理由は体の抗酸化力が高いからです

加齢により、体の抗酸化力が衰えると
皮脂の分泌量の増加との相乗効果で
強烈な酸化臭が出だすようになります

生物学的に見ると

老化=酸化

だと言われていて、逆に言うと

抗酸化力=若さ

ということでもあります

体の抗酸化力を高めることは
大人になってから発生し出した体臭を消すと同時に
アンチエイジング効果もあります

体の抗酸化力を高める方法としては
やはり食べ物が大事です

果物や野菜、植物に含まれる
ポリフェノールという物質は
代表的な抗酸化物質です

逆に、加工食品やインスタントフード、
お菓子や揚げ物などに含まれる油分は
過酸化脂質と言われる錆びた油なので
体内で酸化を引き起こす原因になります

すごく単純に言うと、

生の野菜や果物をたくさん食べて
肉やインスタント食品を減らしましょう

ということになります

ただ、ポリフェノールを摂るためには
食事だけでは不十分なんです

なぜなら、もともとポリフェノールというのは
植物が外敵から身を守るために作り出す成分で
植物の皮や葉っぱ、茎などに多く含まれています

たとえばリンゴであれば、リンゴポリフェノールですが
リンゴの皮にいちばん多く含まれているのです

全体食(ホールフード)

という言葉が注目されていますが
そのいちばんの理由は、ポリフェノールです

植物全体を食べることで
ポリフェノールをとりましょう、ということです

正直なところ、
ひとり暮らしや金銭的、時間的に余裕がないと
食生活全体を変えるのは難しいと思います

ポリフェノールは色々なサプリメントが出ていますので
できるだけ抗酸化力の高いサプリを選びましょう

ポリフェノールには4000種類以上あるので
なんでもいいわけではありません

抗酸化指数というものがあって、
抗酸化力の強さが公表されているサプリもあります
そういうのを選ぶといいと思います

便秘中はただでさえ体内に有害物質が増えて
体臭も強くなる傾向があります

便秘解消と合わせて、
体臭を減らすことを意識することは
老化防止にもなって一石二丁ですよ