慢性的な口臭から半永久的に解放される方法:最強の天然消臭剤とは・・

alone-girl_1280
口臭をごまかすためにはガムを噛んだり飴をなめたり舌を口の中でグルグル動かすことで『唾液』を分泌させることが効果的です。

『唾液』には強い殺菌力があるので唾液を分泌することで、口の中の口臭の原因である雑菌を殺菌して口臭を抑えることができます。

ところが、慢性的に口臭が臭くなる場合この『唾液』そのものが汚染されているケースが多いと言われています。

『唾液』が汚れていると口内の殺菌力が低下してすぐに雑菌が繁殖しやすくなったり、唾液そのものが強い臭いを発することもあります。

臭い物質の代表はアンモニア、インドールスカートルなどの成分なのですが、これらの物質はもともと『腸』で発生します。

腸内で発生したニオイ物質は腸の粘膜から血液中に流れ込み、それが唾液と一緒に分泌されます。

唾液は血液を原料として作られるので血液が汚れていると唾液も汚れてしまうのです。

とくに有毒物質は、血液中以上に、唾液には高濃度で濃縮された形で含まれています。

たとえば覚せい剤を摂取すると、血中濃度よりも唾液中の薬物の濃度のほうが高くなるという研究結果が出ています。

つまり、腸内で発生したニオイ物質が血液を汚し血液中の汚れは濃縮された形で唾液に入り込むのです。

虫歯でも歯周病でもないのに口臭が強い場合多くは腸内からの毒素が原因である『腸内口臭』だと言われます。

その場合、いくら歯医者に行っても解決しません。

肌荒れがいくら洗顔を心がけても治らないのと同じで原因である体の内部をきれいにしないと『腸内口臭』は減らないばかりか年々増加していきます。

口内を汚す原因である有害物質を取り除くためには発生源である腸内の臭い物質自体を減らすしか根本的な解決への道はありません。

逆に、腸内のデトックスを始め、血液全体をきれいにすることで、長年悩まされてきた口臭から半永久的に解放される可能性もあるのです。