オナラとニキビの関係

cd-438998_1280
おならの臭いは腸内の腐敗物質の臭いです。もともとおならの成分はほとんどが空気なのですがわずか数パーセントだけ含まれる腸内で発生した毒素がおならの臭いを作り出してします。

おならが臭いと感じたら、腸内がかなり腐敗状態にあるサインです。それだけ毒素の発生量が増えているので、おならが臭くなります。

腸の腐敗は、おならの臭い以上に、からだにダメージを与えます。毒素は、腸壁から吸収されて血液に入り込んでしまうので血液を汚してどろどろの状態にしてしまいます。

血液に入り込んだ毒素は、朝と一緒に排出されれば体臭を強くします。息と一緒に排出されれば口臭を強くしてしまいます。

悪化すると、口臭が便の臭いがする状態になるという悲劇的な現象が起こることもあります。

どろどろ血液は冷え性を悪化させたり、肌荒れやニキビの原因にもなります。

長期的には、活性酸素を発生させて細胞を酸化させるので肌を老化させたり、ガンを含めた病気の原因にもなります。

すべての病気は腸からはじまる、と言われるくらいで大腸の腐敗というのは、色々な意味でからだにダメージが大きすぎるのです。

毒素は腸の腐敗によって発生しますが、乳酸菌を継続的に摂取して、腸内で善玉菌を増やせば腸内の腐敗を止めることが出来ると言われます。

ヨーグルトやチーズが保存食と言われるのは乳酸菌の力で牛乳の腐敗を止めているからです。

腸内の乳酸菌を増やすためには、生きた乳酸菌を腸に届けることが大切です。

生きて腸に届いた乳酸菌は、腸内で繁殖しますうまく腸内で繁殖できれば何十倍、何百倍に増えるのでいかにして腸に届けるか、というのが大切なのです。

おならが臭いのは、腸内が腐敗して、毒素が大量発生している可能性があります。腸内では真夏のような暑さの中で常に老廃物や便が腐敗してきますが、腐敗を作り出す悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことで改善も可能です。腐敗と毒素の発生が多くなると、おならの臭いだけで無く、口臭や体臭などが強くなったり、肌荒れや老化、病気などのつながることもあるので、早めの対策がベターです。乳酸菌を選ぶ時は腸に生きて届く菌を選ぶことがポイントになります。