腸が汚いとオナラも増える


おならの回数を減らすにはどうすればよいか?まずおならの中身を知っておきましょう。

おならの中身はほとんどが空気だと言われます。そこに腸内の有毒ガスが混じっておならになります。

おならを減らすために大切なことは、食べ物を食べるときにできるだけ空気を入れないことです。早食いをすると、食物の間などに空気が入りこみ、その空気が腸内に入り込んでおならの原因になることがあります。ゆっくりとよく噛んで食べることで、腸内に入り込む空気を減らすことができるので、できるだけゆっくり食べる習慣をつけましょう。

腸を刺激する唐辛子などの刺激物をさけることも大切です。生野菜なども、噛まずに食べるとおならの原因になることもあります。

それでも改善しない場合、本気で腸内ケアを考えてもよいでしょう。おならが出やすい状態というのは、それだけ腸内に悪玉菌が多く腐敗が起こりやすい状態であったり、腸が汚れていて、空気が入り込む隙間が多いのです。

単純に汚れた部屋を考えてみると分かりやすいですが、部屋が汚いと隙間ができてホコリがたまるのと一緒で腸が汚れていると隙間ができてガスがたまりやすいです。

腸を掃除してくれる乳酸菌などを積極的に摂取して腸内にガスがたまりにくい環境を整えてあげることが必要になってきます。つまり腸内に掃除やさんを送り込んであげることです。

ただし、乳酸菌を生きたまま腸に届けるのは簡単ではありません。99パーセント以上の乳酸菌は腸に届く前に死んでしまうと言われます。

最近では植物性乳酸菌などの腸に届きやすい乳酸菌が発見されて、機能性ヨーグルトなどにも利用されています植物性乳酸菌は、通常の乳酸菌に比べて10倍以上、腸に到達する可能性が高いそうです。

乳酸菌にも何十種類もあり、次々と新しいタイプが発見されています。今まで乳酸菌が効かない、と思っていた人でも種類の違う乳酸菌であれば効果が出ることもありますよ。

まとめ・・・

おならの回数を減らすための食べ方と、食べ物の選び方。腸内で老廃物が腐敗してガスが発生している可能性もあるので、ガスの発生源である腸をきれいにしてあげることで、おならの回数や臭いを減らすことも期待できます。乳酸菌には腸をきれいにしてくれる効果もあるので、継続的に乳酸菌をとることが大切です。