便秘中のお腹の張りはガスが原因だった

waist_1280
便秘が続くとお腹がパンパンに張ってしまって苦しいことがあります。快便の人であれば毎日、排便があるのに比べて、何日間も食べた物が排泄されることなく、大腸の中に溜まっているのですから、当然、お腹の中身が増えて、お腹がパンパンになるのも分かります。

たしかに便自体が多いのですが、それだけではありません。じつはお腹パンパンの時は、お腹の中の便そのものよりも便から発生するガスのほうがお腹の張りの原因になっていることが多いと言われています。

便自体の量よりも、便から発生する気体状のガスのほうが体積として圧倒的に大きくなってしまうことがあります。

腸内に便が溜まると、真夏に生ゴミが腐敗していくように便をエサにして悪玉菌がどんどん増殖して、腸内が腐敗状態になっていきます。

その時、悪玉菌はインドール、スカトール、アンモニア、ニトロソアミンなど有毒なガスを発生させています。有毒物質を発生させるので悪玉菌なのです。

おならの臭いの元は、これらの有毒物質なのですがガスはとても体積が大きいので、それがお腹パンパンの原因にもなっているのです。

そこで、腸内から悪玉菌を減らすことが、ガスを減らして結果的にお腹の張りを改善することにもつながります。

悪玉菌を減らすためには、できるだけ消化の悪い食事をさけたり悪玉菌の大好物である動物性たんぱく質や脂肪を減らすこと、お肉と同じように悪玉菌のえさになってしまう砂糖を減らすことも大切だと言われています。

慢性的な便秘の場合、腸内の活動が低下していたり、乳酸菌など善玉菌の数自体が少ないことが多いので、腸を活性化してくれる乳酸菌をたくさん摂取して、腸内の乳酸菌を増やしてあげることで、体質自体を改善することも大切です。

便秘体質と言われますが、それは腸が長年のダメージによって便を出す機能が低下してしまっている状態です。

無理なダイエットや薬の飲み過ぎ、抗生物質の頻繁な使用なども腸の機能低下につながると言われています。

心当たりがあれば、今からでも乳酸菌を増やしてあげて腸の機能向上をすることで、お腹の張りやおならだけでなく体調を改善したり、便やおならだけでなく、体臭や口臭を少なくする効果も期待できます。

便秘の場合、大腸に溜まった便自体よりも、悪玉菌の出す有毒ガスがお腹をパンパンに張らせる原因になっていることもあります。もともと便秘体質の場合、腸の機能自体が低下しやすいので、乳酸菌など腸を活性化してくれる成分を積極的にとって、腸の活動をサポートしてあげることが大切です。