胃に優しい食べ方と食べる順番

staircase_1280
胃に優しい食べ方について書いてみたいと思います。

■食べ物と飲み物

まず食べ物の種類ですが、食事内容で胃の負担は何倍も違います。たんぱく質や脂肪分は、炭水化物に比べて2、3倍程度重いです。具体的には炭水化物は2~3時間で消化され胃を通過しますが、たんぱく質、脂肪は、4~6時間程度、消化に時間がかかります。消化に時間がかかるだけでなく、たくさんの消化酵素を分泌する必要が出てくるので、それだけ胃がハードな仕事をすることになります。

お酒を一緒に飲むと、さらに胃の負担は大きくなります。アルコールは体内でアルコール分解酵素という酵素で分解されますが、アルコール分解酵素を出しながらだと消化酵素はスムーズに分泌されません。二日酔いのときに全く食欲が出ないのは、からだがアルコールの分解に精一杯で、食べ物を消化するための消化酵素を出せないからです。

■食べ方

食べ方や、食べる順番でも、変わってきます。食べ方はとにかく咀嚼が大切です。現代の食事は柔らかく、加熱されているので、あまり噛まないでも飲み込めてしまいますが、それが逆に消化不良を招いています。できるだけ、一口につき30回程度噛むようにすることでまったく胃の負担が変わってきます。面倒くさいですが、一度だけでも試してみてください。

食べる順番としては、まず生の食事やフルーツを食べることです。もしくは発酵食品でもOKです。生野菜や果物には消化酵素が豊富に入っているのでその後の食事を分解してくれて、消化を助けてくれる働きがあります。消化酵素のサプリメントを食前に飲む、というのもおすすめです。

また食物繊維は胃にとってクッションのような役割があります。いきなりお肉などを食べるとすぐに消化酵素をフルパワーで分泌しないといけませんが、食物繊維を先に食べておくとゆっくり消化酵素を出せばいいので、それだけ胃に優しい食事になります。