便秘体質を改善したら目覚めまで良くなったよ

clock_1280
私自身は、『便秘』という言葉を覚えた時にはすでに便秘だった記憶があります。バナナウンチ?なにそれ?というような状態が長年続いていましたが、本格的に便秘解消の必要性を感じだしたのは30歳を過ぎた頃でした。

すぐに疲れるようになったり、集中できなかったり夏に出来たシミが冬になっても消えなかったり冷え症がどんどん悪化していった頃です。

もしかして、便秘が原因かもしれない、そう思ったんですよね。

いろいろと調べてみると、老化現象と言われるほとんどの症状は便秘と関係していました。

便秘の状態が続くと、腸内に何キロもの『生ゴミ』が蓄積されている状態になります。真夏の生ゴミがどんどん腐敗するように37度の腸内ではどんどん腐敗が進みます。

その結果、腸内で発生した有毒ガスが体内を巡り血液をドロドロにして血行を悪化させて冷え症がひどくなったり、疲れやすくなるということでした。

これは便秘を解消するしかない!そうやって決心したものの便秘自体も年々頑固になり
20代の若い頃のようにちょっと便秘に良いことを心がけたくらいでは簡単には出なくなっていました。

どうやら腸も歳をとるので、少しくらいの刺激ではびくともしない頑固な便秘体質になっていたようです。

そのため、食事改善とサプリを中心に、数ヶ月、体質改善からはじめ、現在はかなり便秘体質から脱却できた状態です。

便秘を解消して、毎日、毎朝快便になっていちばん始めに気づいたのは目覚めの良さです。睡眠が深くなって、朝すっきりと目覚めることができ、疲れが抜けやすくなったことに気づきました。便秘が改善されると色々といいことはありますが、本当に朝が楽しみになりますね。