アトピーと花粉症の原因は同じ:免疫は腸から整える


アトピーと花粉症の原因は同じだといわれています。

私も昔は知識がなかったので、アトピーと花粉症が同じ?と聞くと少し不思議な感じがしました。

だって、アトピーは肌の問題で、花粉症は鼻水や咳などの呼吸器系の問題です。

症状がでる場所は全然違うのに、なぜ?と不思議に思っていました。

簡単に言うと、アトピーも花粉症も免疫の異常だといわれています。本当に健康であれば、何もしていなくても肌が赤くなったり痒くなることもないですし、毎年外に出るだけで鼻水が止まらなくなったり目が痒くなるなどの風邪のような症状が出ることもありません。

免疫力が強い人は、スギ花粉を頭からかぶっても大丈夫ともいわれます。

わたしたちが本来はからだに害がないはずの花粉でくしゃみが止まらなかったり、肌が傷ついたわけでもなく、虫刺されもないのに赤みやかゆみが止まらないのは、単純にいえば、免疫システムが正常に働いていないからです。

では、どうやって免疫システムを正常に戻せばよいのか、ということですが最新の研究で注目されているのは『腸』の働きです。

ここ10年くらいの研究によって『腸』の持つ免疫機能がわたしたちの免疫全体の80%を占めるほど大きなものだ判明しています。全身の免疫細胞のうち80%が腸に集中しているのです。

便秘の時に肌荒れがひどくなったり、体調不良が起こりやすいのは単純にお腹に重い便が詰まっているからだけではなくて、体の80%の免疫をもつ腸の粘膜にダメージを与えてしまうからだったのです。

逆に言えば、腸をきれいにするだけでも、今よりも免疫力が正常に働いて肌荒れが改善したり、体調不良が起こりにくくなる可能性が高いのです。

実際に、便秘が辛くて便秘解消を続けていた人が便秘解消と同時にアトピーやアレルギーが治ってしまった、というケースもあります。

もしあなたが便秘体質であれば、アトピーやアレルギー、花粉症を改善して辛さや恥ずかしさのない生活を取り戻すために最初に行うべきことが便秘体質の改善なんです。

ところが、卵が先かニワトリが先か、という話でアレルギー体質の人は便秘体質が多い、という問題もあります。

なぜなら、もともと腸が弱いので、それだけ腸の免疫機能に問題が起こりやすく結果としてアレルギー体質になってしまっている可能性があるからです。

わたしたちの最終的な目的は便秘解消だけではなくて、アレルギーの改善なのでとにかく便を出すためだけに下剤を飲むのでは意味がありません。

腸の機能を向上させるために乳酸菌などをとって、善玉菌を増やしたり、腸の免疫細胞をサポートする必要があるのです。