自分にあったヨーグルトの見つけ方

good_1280
自分に合ったヨーグルトを見つけるのが大事、と言われています。ヨーグルトの乳酸菌は、様々な種類があって、その効果もまちまちです。

まず乳酸菌の働く場所が違います。腸内細菌と呼ばれるくらいなので、大腸で働く菌が多そうですが、意外と胃で働いてピロリ菌などを抑える働きのある菌や、小腸で働いて免疫機能を高める働きの強い菌など大腸以外で主に活動する菌種もたくさんあります。

もちろん、便秘解消のためには基本的には大腸で働く菌種を摂取することが大切です。大腸で働いて便秘解消に効果が高いと言われる菌の代表はビフィズス菌ですが、ビフィズス菌にもたくさんの種類があるので一言にビフィズスといっても、自分に効く菌と効かない菌があったりします。

同じ乳酸菌でも人によって効いたり効かなかったりする理由は人により腸内の細菌バランスは全く違うからです。

腸内には100種類以上の細菌が住み着いているのですが、そこにうまく乳酸菌が入り込めるかどうかは、実際に試してみないとわかりません。

ヨーグルトの場合、1、2週間毎日200ミリくらいを食べ続けてみて便秘が改善したり、便の状態がよくなれば体に合っていると思います。

ただ、現在、主な高機能ヨーグルトに使われている乳酸菌だけでも何十種類もあり、その中から自分に合う菌種を見つけるのは大変です。

ヨーグルトの場合、乳酸菌以前に、そのヨーグルトの原料がからだに合わない人もおおく、軟便気味で臭いも強くなるのであればヨーグルト自体が体に合っていない可能性が高いです。

あくまで便秘改善を目的にするのであれば、ヨーグルトではなく、サプリメントなどで乳酸菌だけをとってみる方法があります。

乳酸菌だけとれるので、ヨーグルトが体質にあうかどうかは関係なく、しかも続けやすいです。