便秘の反対は下痢ではなく快便、下痢の反対も便秘ではなく快便です

pulse_1280
便秘の反対は下痢ではありません、快便です。下痢の反対も便秘ではなく、快便です。

便秘がしばらく続いたあと、下痢になって、また便秘が始まるという悪魔のサイクルを続けているのであれば、かなり腸と腸内細菌が悪玉菌優位に傾いてしまっている可能性があります。

まず便秘になると、腸内で老廃物をエサに悪玉菌が増えて行きます。ある一定量、便と悪玉菌が溜まったところで、腸の免疫システムが緊急命令を発動して、腸が異常収縮を起こし一気に便と悪玉菌を排出するために下痢になります。

便秘から下痢のサイクルを繰り返す場合、腸が悪玉菌の毒素でダメージをうけて、その繰り返しにより腸の免疫システムと腸の運動能力が低下している可能性があります。

腸の悪玉菌を減らして腸内環境を整えながら、大腸の活動も活性化していく習慣を続けることで便秘の日数を少しずつ短くして、下痢ではなく、正常な排便に戻していくのです。

そのために必要なのは、乳酸菌の飲み方を工夫することです。乳酸菌には悪玉菌を抑制して、腸を活性化する効果がありますが、体質レベルで、便秘や下痢を改善したい場合は、腸自体を活性化さえて、わたしたちの腸内にすでに住み着く乳酸菌を全体的に増やさないといけません。一時期的に外からとった乳酸菌は排出されてしまえば効果がなくなってしまいます。

乳酸菌の飲み方のポイントは、一言で言えば筋トレやダイエットと同じです。一気に何時間も運動しても、効果はほとんどありませんが、毎日少しずつ量を増やしながら、継続的に運動することで体質が変わってきます。乳酸菌も継続的に摂取することで、最終的にはサプリや便秘薬がなくても、自然に排便できるようになり、下痢になることも少なくなってきます。

まとめ・・・

便秘から下痢のサイクルを繰り返しているのであれば、腸内で悪玉菌が増えて、それが腸の活動を低下させてしまうという悪循環になってしまいます。腸の活性化と悪玉菌を減らすために乳酸菌の飲み方を工夫しましょう。便秘と下痢の繰り返しは、原因は1つで、腸内の悪玉菌の増加だからです。乳酸菌などの善玉菌を継続的に摂取することで、悪玉菌を減らしながら腸の運動能力を上げていくことができます。