消化不良を改善すると便秘が治る理由

pulse_1280
消化不良を改善すると便秘が治る、というのはちょっとイメージしづらいですが、
わたしの経験上、かなり真実度が高いです。消化不良の食べ物は小腸で栄養が十分吸収されることなく大腸に到達し、悪玉菌のエサになることで、ウェルシュ菌などの悪玉菌が大量に増殖して、大腸の腐敗を引き起こしてしまいます。

悪玉菌の出す毒素は、腸の機能を低下させてしまい、便秘を引き起こすだけでなく、血液中に取り込まれることで、肌荒れや体調不良の原因にもなります。

腸内環境の改善のためには、乳酸菌などの善玉菌を積極的に摂取することももちろん大切なのですが、根本的には消化不良気味の胃の状態を改善する必要があります。

胃腸全体で、消化器官と呼ばれているように口から肛門までは一本の管でつながっています。善玉菌をいくら増やしても、腸に入ってくる材料の質が悪ければ、悪玉菌が増殖してしまうので、腸内の細菌バランスは悪玉菌優位になってしまいます。

腸内で腐敗が起こると、インドールやスカトールなどの毒素が大量発生して、便の悪臭や、場合によっては体臭・口臭につながります。それだけでなく、血液中に毒素が入り込み、
肌荒れや病気の原因になることもあります。大げさな話はなく、便秘が原因でがんになることもあると言われているのです。

悪循環のスタート地点は、消化不良です。消化不良を改善して、しっかり食事を分解・消化することでまず腸内の悪玉菌がへり、腸内に余分な腐敗物質が残らなくなります。さらに、栄養の吸収率がアップするので、体力や集中力の向上につながることも自然なことです。

消化不良が便秘の原因というのは、わたし自身が実感したことです。もともと胃もたれの改善のために消化酵素のサプリを飲んでみたところいつの間にか便秘も改善していたのです。

栄養素の吸収が良くなったために肌もきれいになって冷え性も改善した感じもあります。消化不良というのは、胃の問題だけでなく、便秘や冷え性など女性の問題の大部分に影響していると改めて実感しました。