内蔵から消臭する方法:口臭の原因は体の中にあった?

alone-girl_1280
口臭にまつわる間違った思い込み・・

歯も磨いているし、歯周病もない、虫歯もないなのになぜか、口臭が気になる・・

意外と多いんです、そういう人

そもそも、なぜ口臭は発生するのでしょうか?虫歯だから歯周病だから歯を磨いていないからというのは、原因の1つでしかありません。

本質的なところを考えると口臭=有害物質です。
虫歯や歯周病は毒素の原因のうち一部でしかありません。

たとえ虫歯などの『歯科系』と呼ばれるトラブルがなかったとしても、お口の中に毒素が多ければやはり口臭は発生してしまいます。

虫歯や歯周病がいけないのは雑菌の繁殖の原因になるからです。

雑菌が出す毒素によって口臭が発生するので口が臭くなるのです。

口の中から発生する毒素には色々ありますがいちばん大きな要素としては胃や腸から毒素が逆流していることが考えられます。

ニンニクを食べて口が臭くなるのはニンニクの臭いが胃や腸から逆流するからです。

ニンニクの臭い自体は一時的なものなので食べてはいけないわけではないのですが、問題は、慢性的な臭いが胃や腸で発生している場合です。

たとえば、便秘の時は口臭が臭くなります。

なぜなら、腸内で悪玉菌が生み出す毒素が逆流したり血液中に流れ込んで、息と一緒に排出されるからです。

さらに血液中の汚れは、『唾液』を汚します。

唾液は血液から作られるので血液が汚れていると唾液も汚れた状態になります。

唾液=血液です。

透明の唾液と血液が同じ?

と思うかもしれませんが、たとえば薬物でも同じで血液中の薬物は唾液にも入り込みます

違法薬物を摂取した人は血液中の覚せい剤濃度よりも高い濃度の薬物の成分が、唾液中に検出されています

血液が汚れていれば唾液も汚れます簡単に言うと、唾液自体が臭いということです

どんなに口の中を清潔に保とうとしても24時間365日分泌される唾液が臭かったらどうやっても口臭が出てしまいます

そして、体中の血液を汚す最大の原因が腸内の汚染です

腸は人体の中の最大の毒素発生源です

腸内に悪玉菌が増えていたり、老廃物が腐敗していると、腸内の毒素が血液に流れ込みます

腸内の汚染による口臭は『腸内口臭』と言われています

虫歯や歯周病などの問題がないのに口臭が強くなってしまう場合ほとんどが『腸内口臭』だと言われます

『腸内口臭』とは、便秘や腸内環境の悪化や加齢により腸内の善玉菌が減って、悪玉菌が増えてしまい悪玉菌の出すインドールやスカトール、アミン類などの有害物質が口臭を強くする現象です

便秘の時は、本人が気づかなくてもほぼ100%の人が普段と比べて口臭が強くなる傾向があります

腸内の毒素が血液を汚してしまい血液中の毒素が息や唾液に混ざるからです

これが腸内口臭です

腸内口臭は、どれだけ歯を磨いても歯医者に通っても全くといっていいほど改善しません

そのため、多くの人は原因不明の口臭だと勘違いしてしまいます

実際のところ、原因が目に見えないだけです

口臭を気にして歯を磨くのは、ニキビを気にして洗顔だけをするようなものです

どんなに洗顔しても、食べ物が悪ければニキビはできます

同じように、どんなに歯を磨いても腸内が汚れていれば口臭は発生します

大切なものは大抵、目に見えません

原因さえ分かってしまえば『腸内口臭』を消すのは簡単です

腸内の臭い物質を減らしてあげればいいのです

まとめ・・・

口臭というと虫歯や歯周病の問題だと思われていますが、歯を磨いても歯医者に行っても口臭が改善しない場合、腸内から匂いが発生して、口臭となって出ている可能性が高いと言われています。

例えば便秘の時は口が臭くなりやすいのですが、その理由は腸で腐敗物質が大量に発生しているからです。腸内口臭といわれ、酷い場合には口から便臭がすることもあります。

腸内をきれいにして消臭することで、思い切り笑ったり自身を持って人と接することができます。