50代からの突然の便秘も珍しくない

ruler_1280
歳をとると腸の働きが悪くなってきます。昔は便秘で無かったのに、50歳前後で便秘になると言う女性もたくさんいます。

女性のからだは一生の間で大きく変化するので、ホルモンバランスが変わってしまうタイミングで便秘になる人もたくさんいるのです。

50歳頃は、特に女性ホルモンが減りやすくホルモンバランスが大きく変化するので、急に便秘になったり悪化したりする人が多い年代と言われています。

問題は、便秘解消が若い人のように簡単ではないということですね。

内臓も歳をとるので、筋力が落ちるのと同じで、腸の働き自体が低下してしまっているからです。ただ早めに便秘を解消しないとダメージも大きい年齢でもあります。

便秘によって発生する有害物質は血液を通じて血管や皮膚にダメージを与えますが、若い頃は自然治癒力が高いのでダメージがあまり蓄積しません。

ところが、年齢が上がると有害物質から受けるダメージが抜けないので、すぐにシミができたり、すぐに病気になってしまう確率も上がります。

1度出来たシミはなかなか消えないです。
病気が治るのは時間がかかります。

年齢が上がるほど、ダメージを受けないことが大切になってくるので、便秘というのは意外と緊急事態なのです。たかが便秘と放置してはいけないのです。