下腹の脂肪を溜めない方法:便通と代謝の目に見えない関係


他の部分は普通なのに、お腹だけ脂肪が余っている場合、便秘が大きな原因になっているかもしれません。便秘だと、腸が太く、固くなっていきます。腸が硬いと、クッションとして脂肪も厚くなります。さらに毒素が腸周辺に溜まるので、おなか周りの脂肪が溜まるというわけです。

血行の悪い場所に脂肪はたまる、と言われています。慢性的な便秘常態だと、腸内には老廃物が溜まり、悪玉菌が繁殖して毒素を放出し続けています。

腸内で発生した毒素の行き先は2つです。便やおならとして排出されるか、血液中に再吸収されるか、です。

便秘だとおならが臭くなるのは、実感していると思います。それだけでなく、体臭がきつくなったり、ニキビができるのは腸内の毒素が血液中に入り込んで肌から排出されるからです。

便秘だと大腸周りに大量の毒素が吸収されることになります。血液が汚れると、どろどろの状態になって血行が悪くなります。どろどろの血液は細い血管である、毛細血管をうまく通れません。からだの血管の93パーセントは毛細血管です。目に見えないですが、顔にも、指にも、お腹にも、すべて毛細血管が張り巡らされています。血液がどろどろになることで、93パーセントの血行が悪化して、全体的に太りやすくなりますが、特にお腹周りの、下腹周辺に皮下脂肪がたまるのです。

逆に便秘を解消すれば、いままで、どんなに運動しても、腹筋してもなかなか落ちてくれなかった脂肪が、自然と落ちやすくなる体型に近づくことができます。

もちろん、便秘を解消しても、そもそも太っていたらお腹はへこみません。お腹だけが痩せている、ということはないので、ダイエット自体の必要はあります。ただ、慢性的な便秘体質を解消することで、お腹も他の部分と同じように痩せていくことができます。

便秘体質を改善しながら、ダイエットに効果があるのは、食物繊維です。食物繊維は糖分の吸収を抑えてくれるので、便秘解消にも、ダイエットにも効果があります。

食物繊維を大量に摂取する人に太っている人はいないと言われます。昔の日本人は、現代の3倍以上の食物繊維をとっていたと言われ、それが昔の日本人は太りにくかった理由の1つだと言われます。脂肪の吸収を抑えることのできる種類の繊維もあります。

まとめ・・・

下腹の脂肪を落とすためには、慢性の便秘を解消することが必要です。便秘は体中の血液を汚して代謝を下げてしまい、脂肪燃焼を邪魔してしまいます。特に超周りに毒素が充満するので、お腹や下腹周辺が特に太りやすくなってしまいます。お腹周りの肉をおとすには、便秘を解消した上で、脂肪分の吸収を抑えることが大切です。なぜなら脂肪は食べた分だけ、そのまま体脂肪になってしまうからです。吸収した脂肪を燃やすよりも、そもそも脂肪を溜めないほうが楽だと思います。