牛乳でお腹がゴロゴロする原因

milk_1280
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロいいませんか?しかも、その時のおならってけっこう臭くないですか?

お腹ゴロゴロの原因は、飲んだ牛乳が消化不良を起こして腸の中に流れ込んでいるからです。

わたしは胃腸が弱いので、冷たい飲み物を飲んだときもけっこうお腹がゴロゴロいってしまうのですが、牛乳の場合は、特におならが臭くなります。

なぜ牛乳だと消化不良が臭いおならにつながるのか、というと、牛乳の成分が、肉などと同じ、たんぱく質や脂肪分だからです。未消化のたんぱく質は腸内で悪玉菌のえさになります。

牛乳で消化不良を起こすと、腸内の悪玉菌が大繁殖してしまいます。悪玉菌はスカトールやインドールといった、臭いの強い毒素を出すので、ただの消化不良とくらべても、臭いの強いおならになりやすいのです。

牛乳でお腹がゴロゴロする人の中にはヨーグルトなら平気、という人もけっこういますよね。わたしもヨーグルトであれば、牛乳ほどはお腹を壊しません。

その理由は、ヨーグルトの場合、牛乳の消化しにくい成分がある程度分解されて消化されやすくなっていること。もう一つは乳酸菌が入っているので、悪玉菌が増えにくいからです。

普段からいつも軟便だったり、おならが臭い場合腸内環境が悪玉菌優位に傾いている可能性が高いです。

乳酸菌を摂取することで、悪玉菌を減らすことができるので消化不良になりやすい体質でも、おならや便の状態を改善することができます。

ただ、ヨーグルトの場合は、悪玉菌を増やす成分と乳酸菌が入っていてプラスマイナス0という感じです。わたしの場合、牛乳ほどでないにしろ、ややマイナス要素のほうが多いです。ヨーグルトでも少し便やおならが臭くなるからです。

胃腸が弱かったり、軟便気味の場合、乳酸菌だけをサプリメントなどで摂取する方がリスクが少なく、確実に改善できると思います。