下痢体質が治ると人生が変わる

bus-stop_1280
むかしから胃腸が弱く、調子が悪いときには食べては下痢、飲んでは下痢を繰り返してきました。正直、かなり人生を無駄にしてきました。

親友から指摘されて気がついたのですが、わたしはとても声が小さいみたいです。自分ではあまり分からなかったですが、言われてみると、人から「何?」って聞き返されることが多かったんです。

下痢やおならを気にして、お腹に力を入れないように大きな声を出さないようにしてきたからだと思います。

下痢の薬も色々試しましたが、体質的な改善はできませんでしたし、副作用や長期的なからだや脳へのダメージが怖いです。例えば有名な下痢止めの成分にロートエキスというものがあります。下痢を止めるのは簡単ではないようで、下痢そのものを止めるのではなく
副交感神経という自律神経の働きを妨害することによって腸の動きをとめるのです。

腸の動きを止めてしまうと同時に、胃の動きも止めてしまうので、食べてすぐ飲むことで消化不良になって下痢が悪化することもあると言われています。しかもロートエキスは、アルカロイドと呼ばれる物質です。一言で言えば、自律神経を狂わす物質だという意見があります。アルカロイドにはモルヒネなどの麻薬も多くあります。つまり精神に作用する物質なのです。正直、私は怖いです。下痢はとてもいやなものですが、私としてはそのために薬物のような物質を使用したくはありませんでした。

色々調べたところ、下痢というのは、腸の免疫力が弱いことで起こることが多いようです。つまり腸の免疫力を鍛えたり、活性化することができれば、ある程度下痢を軽減することができるようです。

手に入りやすいところでは乳酸菌によって腸の免疫力を鍛えることができます。乳酸菌には腸を守る効果と鍛える効果の両方があるからです。便秘だけでなく下痢の女性にこそ乳酸菌は役に立つはずです。

体質を変えるためには継続的な摂取が必要なので、忍耐が必要ですが、下痢が治ることで日常生活が充実し、まわりが驚くほど性格が明るくなる人もいるので、努力する価値はあると思います。

まとめ・・・

下痢体質を治すことができれば、人生はかなり変わります。わたしは昔から胃腸が弱く、食べては下痢、飲んでは下痢を繰り返しましたが、かなり人生を無駄にしたと感じています。気がつかないうちに消極的になり、男性関係でもかなり損をした気がします。下痢体質を治すことによって、ストレスが激減します。わたしたちはいつもお腹とお尻に神経を集中させていますが、そのエネルギーを本当にやりたいことに向けることができるようになります。