口臭がうんこくさい:最悪のケース

nuclear-explosion_1280
自分の口臭からなんとなく便の臭いがする場合、早急に腸内から発生する汚染物質を減らす必要があります。

なんとなく口から腐敗臭がする歯を磨いても口臭が消えない、『唾』が臭い、などの症状を感じているかもしれませんが、歯医者では治らない『腸内口臭』が発生して口内を不潔にしてしまっている可能性があります。

口と腸は1本の管でつながっているので腸内の腐敗臭は多かれ少なかれ口臭に影響します。

ただ、通常であれば自分では気づかない程度です。

もし自分で口臭が気になりだした場合人はその数倍の口臭を感じている可能性があります。

わたしたちの嗅覚は普段嗅いでいる臭いや自分の体内の臭いに対して鈍感になるので、自分自身で臭いと感じたときには他人はその数倍の臭いを感じている可能性があります。

口臭の原因は、腸内や口の中の腐敗物質ですが、『臭い』として感じられるのは氷山の一角です。

少しくらいの口臭であっても、臭いの原因である腐敗物質はその何倍も大量に発生しています。

たとえば、口臭が2倍になったとき、その原因である腐敗物質は10倍に増えています。

臭いとして感じられる5倍以上の腐敗物質が腸内や口の中で増殖しているのです。

少しの口臭であっても、口臭ゼロの状態に比べると数十倍から数百倍、腐敗物質が増加しているのです。

臭いの問題だけでなく、アンモニア、スカトールなどの腐敗物質は人体に有毒性のある『神経毒』です。

がんや動脈硬化、白血病などのリスクを増やすとも言われていて、健康面への悪影響も無視できません。

歯医者では治らない口臭を『腸内口臭』と言いますがいくら歯を磨いても、虫歯を治しても腸内の腐敗をとめることはできません。

食べ物を変えればいい、と思うかも知れませんが、すでに腸内環境が悪化している場合、悪玉菌がコロニーを形成していて放っておいても腐敗物質が増えやすいスラムのような状態になっています。

同じものを食べても口臭が出る人と出ない人がいますがそれは腸内の悪玉菌が多いか少ないかの違いです。

現時点で口臭が気になる状態なのであれば、腸内をクリーンアップするための専用ケアが必要なタイミングかもしれません。