腸液とコロコロ便しか出ないのはヤバい?

toilet-paper_1280
コロコロ便しか出ない上に、腸液が出る場合、粘液が混じっているのでかなり不安になりますよね。

ただ、色々調べてみると、粘液自体はそれほど心配することはないかもしれません。

もともと腸内では、何リットルもの腸液が分泌されていて、この腸液が便の移動をスムーズにしてくれています。つまり腸液が出ること自体は全く普通なのです。

問題は、本来は便に吸収されるはずの腸液が、便に吸収されないままに排泄されてしまっていることです。

単純に便が固くて渇いた岩のような状態になっているので、水を弾いてしまって、便に吸収されない腸液が便と一緒にお尻から出てきてしまっているのです。

ちょっと考えて欲しいのですが、カチカチコロコロ便ではなく、柔らかいバナナうんちの人は、腸液が出ることはありません。

便を柔らかくすることで全てが解決します

便を柔らかくする、と言いましたが、どちらかというと、便を固くしない、という方が正確です。

便が固く固まってしまう原因としては、便の中に水分を保持する保湿成分が足りていない、便の移動スピードが遅くて、出口に到達するまでに水分が抜けてしまう、という2つの原因が考えられます。

その場合、便の中に油分(脂質)が足りていないことが大きな原因になっていると思われます。

肌の水分を保持して保湿をするのはセラミドですが、セラミドも細胞間脂質と呼ばれる油分です。油には水分を保持したり、水分の蒸発を防ぐ効果があります。

男性は女性に比べると便が固くなりにくいです。逆に下痢状のドロドロ便や、軟便の人が多いのですが、その理由は男性のほうが油物をたくさん食べるからです。

便を柔らかくするために、水を食物繊維を多くとっていても、油が少なければ、やはり便は渇いてしまいます。

ただし食事の油はほとんどは体に吸収されてしまうので、便を軟らかくするための油分を食事でとる場合、男性なみに油物を大量に食べる必要があります。・・・確実に速効で太ってしまう可能性があります!

効率的に油分を便に追加するためには、油分を吸着する性質のある食物繊維をとることです。多くの方が便が軟らかくなる効果を実感しています。もちろんダイエット効果もあるので、かなりお得です。

まとめ・・・

コロコロ便だったり、腸液のような粘液が出る、というのはけっこう怖いものがあります。なにかの病気かと思ってしまいますが、安心してほしいのは、腸液や粘液自体は、誰でも分泌されているものです。ただし便がカチカチコロコロなので、便の中に液体が吸収されずにお尻からそのまま粘液が出てきてしまうのです。便をやわらかくすることで全てが解決します。