口臭は腸の汚染から始まる


口臭の原因は口の中だけではありません。

たとえば『唾液』を作るのは血液ですが血液中にアンモニアやスカトールなどの臭い物質が含まれていれば、それは唾液に出ます。

結果的に口の中で分泌される唾液自体が臭いを発することになり、口臭が強くなります。

体内の汚れが原因の口臭は『腸内口臭』と呼ばれます。

その理由は、腸内が最大の臭いの発生源だからです。

腸内で悪玉気が発生させる臭い物質は血液中に入り込み唾液や粘膜を通じて口の中を汚染します。

特に唾液は血液中の有害物質が『濃縮』されることも研究により判明しています。

血液中の濃度よりも、唾液に含まれる有害物質の濃度のほうが濃くなるからです。

このメカニズムは、薬物検査でも利用されていて違法薬物の検査のために唾液の検査を行うというケースもあるようです。

逆に、腸内を清潔に保ち、血液中の臭い物質を減少させることで、唾液や口内の臭い物質は劇的に現象するケースもあります。

歯磨きをしても、歯医者に行っても解決しない口臭はかなりの確率で体内に原因があるのでまず腸内の臭いを減らすことでかなりの確率で口臭も減らすことができます。

腸内の臭い物質の量を量る最も簡単な方法は便の臭いをチェックすることです。

便に腐敗臭が強かったり便が黒い場合、悪玉菌が増殖しています。

便秘の時に口臭が強くなるのは多くの人が経験することなのですが便秘でなくても『腸内口臭』が強い場合腸内の細菌バランスが崩れてしまっている可能性が高いです。

腸内でインドール、スカトール、ニトロソアミンなどの臭いの強い毒素を発生させる悪玉菌が多ければ例え便秘でなくても血液に臭い物質が流れ込んでしまう可能性が高くなってしまうからです。