胃もたれを防ぐための食前に行うトレーニング

highway_1280
お腹が減っていたはずなのに、少し食べるとすぐに満腹になってしまう。調子に乗って食べ過ぎるとすぐに胃もたれして後悔してしまう。せっかく友達や彼氏と食事にいっても、美味しい料理を好きなだけ食べられないのはけっこうつらいことです。

すぐに満腹になるのは、胃がうまく動いていないからです。もともと胃は食べ物が入ると膨らむようになっているのですが胃腸が弱い人は、胃が上手く膨らまないこともあります。

胃をうまく膨らませるトレーニングというか、ストレッチがあります。食事の前に行うことで、食事が苦しくなくなります。方法は簡単で、水を飲むことです。

水を飲むと、いったん胃に入った後、5分から15分くらいで、水分は体内に吸収されます。その時に一時的に胃を膨らませてくれるので食事の前に水を飲むことで胃のストレッチになります。純粋な水であればもちろん消化の必要がないので、からだに負担はかかりません。理想は500ミリくらいなのですが、とりあえず300ミリくらいからスタートすればよいと思います。

少し注意することがあります。食事の直前や、食事中に水を飲み過ぎてしまうと胃液が薄まってしまい、食事の消化が悪くなることがあります。食べる30分前には、飲んでおくことをおすすめします。

もう一つの注意点は、冷たい水は飲まないことです。自販機やコンビニの水だと冷えすぎているので胃腸を冷やしてしまい、内臓機能が低下してしまいます。そのため消化も悪くなってしまいます。常温の水であれば問題ありません。

食後、お腹が苦しい場合は、消化酵素のサプリメントがおすすめです。胃腸が弱い人は消化酵素の分泌が少ないことが多いので消化酵素を補給してあげることで、速やかに食事が分解されて胃の中にたまらないので、すごく楽になります。食事と一緒に発酵食品を食べることを心がけるだけでも違いますよ。