乳酸菌サプリはおならに注意:好転反応なのか副作用なのか

pills_1280
乳酸菌サプリを飲むことでおならが頻繁に出ることがあります。わたしの経験上、おならの種類によって、腸内環境が良くなっているか逆に悪くなってか、ある程度判断できると思います。

腸内環境が悪化しているサインは、おならの臭いが腐った肉のような生臭い臭いだったりきつい臭いの場合です。

たとえば、肉を食べ過ぎた後や、牛乳を飲み過ぎたあとなどきつい臭いのおならが出やすいですが、それは腸内で悪玉菌が発生させている毒素が原因です。

逆に、良いおならもあります。比較的かわいた感じの、きつくない臭いのおならであれば乳酸菌が腸内の老廃物を排泄してくれている合図だと判断できます。いわば、腸内の掃除によって、ホコリやゴミが出ている状態です。

とはいえ、おならがよく出るのは、あまりうれしいことではありませんね。

特定の乳酸菌を大量に摂取すると、腸内細菌の入れ替えが急激に起こるのでいろいろな好転反応が強く出る可能性もあります。

複数の乳酸菌を少しずつ摂取することで急激な変化は抑えながら確実に腸内環境を改善することもできるでしょう。

たとえば腸に届く乳酸菌でも、植物性乳酸菌など、複数の種類があります。大腸で活躍する代表はビフィズス菌ですがビフィズス菌の中にも何種類もあるのです。

そのほかにもラクトバチルス・アシドフィルス菌、プランタラム菌カゼイ菌など、高機能ヨーグルトに使われている菌種だけでも何十種類もあります。

乳酸菌をサプリメントで摂取するメリットとして複数の種類の乳酸菌をバランス良く摂取できることがあります。ヨーグルトでは製造面から、通常1~3種類の菌しか使われませんがサプリメントの形であれば、何種類も配合できるからです。