腸内環境が若返ると肌も若返るってほんと?


インナービューティーという言葉があります。内面からの美しさ、という意味ですが、年齢が上がるほど体の内側の美しさが肌や髪といった外側の美しさと直結している、ということをわたし自身、実感しています。

特に体の内側で大切なのは腸内環境です。腸は栄養素の入り口であり、老廃物の出口です。腸が汚れている状態というのは体に入る栄養素が汚染されていたり、老廃物がうまく排泄されず、便器が詰まって汚物があふれてしまうように体が毒素まみれになる原因となるからです。

わたしたちの『若さ』を決めるものは新陳代謝だと言われています。

20歳くらいの若いころは多少無理しても、悪いものを食べても新陳代謝が活発なので肌にダメージが残ることは滅多にありません。

ところが年齢が上がれば、悪いものを食べ続けたり、紫外線を受け続けるとシミなどの肌の汚れがすぐに現れてしまったり一度出来たシミが消えにくくなってきます。

腸内環境がアンチエイジングをするうえでとても大切なのは、新陳代謝に直結するからです。腸が汚れていると、腸の粘膜から有害物質が血液には入り込み、血がドロドロの状態になります。

ドロドロの血液は体の93%を占める毛細血管をうまく通ることができないので、代謝全体を低下させてしまったり、老廃物の排出がうまくできずターンオーバーを乱す原因になってしまいます。

肌の水分量も減るのでシミやシワの原因になり血行が悪くなるので冷え症も悪化してしまいます。

体中に毒素が蔓延するので、知らず知らずのうちに疲労が抜けにくく、病気になりやすくもなります。

つまり、『老化現象』と呼ばれる症状のほとんど全てを悪化させてしまう原因が腸内環境の悪化なのです。

逆に、腸内環境を清潔に保ち腸の働きを活発にするとシミ、シワ、慢性疲労、冷え症などの全てが改善する可能性が非常に高いのです。

美容液やサプリメントの栄養素も腸内環境が整ってはじめて最大限の効果を発揮します。慢性的な便秘を改善して、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが、10年前の自分に戻る最短の方法だと思います。