腐卵臭の発生源:汗自体は本来無臭


体臭が卵の腐ったようなニオイ・・腐卵臭と呼ばれるような臭いがすることがあります。

毎日からだをしっかり洗っているのにニンニクなどの匂いの強いものは食べてないのに特別に汗をかいたわけでもないのに・・

どうして、変なニオイが出てしまうのでしょうか?

ニオイが気になり出すと、かなりストレスになります人と近寄る時に、1歩下がってしまうようになりどうしても消極的になってしまいます。

気になる男性と親密な関係になる場合にももしクサイと思われたら・・と考えてしまい色々なチャンスを逃してしまいます。

ニオイのせいで、人生の半分を損しているといっても過言ではないと思います。

■汗は本来無臭だと言われます

なぜわたしたちの体からは『変な』ニオイが出てしまうのでしょうか?

普通の汗臭さとは違うニオイだと思います体質的にワキガというわけでもないと思います。

特別にワキガ体質でない場合、医学的には汗は本来『無臭』だと言われます。

汗臭さ、というのは汗をかいた後に雑菌の繁殖によって起こる臭いなので汗自体の臭いではないのです。

ところが、わたしたちは汗や皮膚自体が変わった匂いを出しています。

■なぜ汗が臭ってしまうのでしょうか?

汗の原料は血液です血液が汚れることで、汗も汚れ、皮膚が汚れ皮脂も汚れ、肌が汚れ、全身がくさくなります。

本来血液には強い殺菌力があるので例えば子供や赤ちゃんの血液はサラサラです。

血液がサラサラであれば汗からも皮膚からもいやな臭いはしないと言われています。

ところが、年齢が上がるに従って血液中に様々な有害物質が増えてしまいます。

その結果、血液がドロドロになり、有害物質や細菌が汗に混じるようになり肌表面に出てきます。

■腸の腐敗が全ての始まり

特に腐敗したニオイに関しては、発生源はかなりハッキリしていて、それは『腸』です。

腸内で食事のカスや細胞の老廃物が悪玉菌によって異常発酵し、アンモニアやインドール、スカトール等様々な腐敗物質が生まれてきます。

腐敗物質の大部分はウンチとして排出されますが腐敗物質が多かったり、腸の状態が悪い場合血液に逆流してしまい、それが体臭になります。

簡単に言えば、腸内の腐敗物質を減らすことで血液がサラサラになり、汗がサラサラになり腐った卵のような変な体臭も減る可能性が高いということです。