腐敗したような体臭はどこから発生するのか?

mosaic-tile_1280
体から腐敗臭がする??

そう気づいた時に最初に心配になるのがおそらく対人関係だと思います。

匂いというのは、とても本能的な感覚なのでくさい=生理的に受け付けない、と言う人はたくさんいます。

無意識的に不潔な印象を与えてしまうので、どれだけ髪型や服装に気を遣ってもくさい臭いだけで印象は最悪になってしまいます。

通常の汗臭さとは違う体臭が出だしたときもっと恐ろしいのは他の病気の恐れです。

くさいということは、それだけ体の中から腐敗物質がたくさん出てきているということで、例えばアンモニアやインドール、スカトールなど腐敗臭の原因となる腐敗物質の中には発がん性のあるものや、動脈硬化や白血病など重大な病気と関連したものがあります。

「クサイくらいでは死なない」「気にしすぎはよくない」

という意見もありますが、匂いそのもので死ぬことは少ないとはいえ、精神なストレスや人間関係の悪化によって生活レベルが極端に悪くなっている可能性や病気なる可能性が高まっています。

■あきらめないでください

なぜわたしたちは臭くなってしまうのでしょうか?しかも、汗をかいたときに汗臭くなるだけでなく何もしなくても体から変なニオイがするのでしょうか?

「体質だからどうしようもない」

と諦めたくなる気持ちは分かりますが、よく考えてみてほしいのですが、

赤ちゃんの頃から臭かったですか?生まれた瞬間から臭い人はまずいません

子供の頃はどうでしたでしょうか?

考えてみると、わたしたちの体が臭くなったのはある程度の年齢からだと思います。

■腐敗臭はどこから来るのか?

腐敗臭の原因物質は、アンモニア、スカトール、インドール、ニトロソアミン、などの物質です。

これらの物質はどこから来るのかというと「腸」の中で発生しています。発生源が腸なので、『腸内体臭』とも言われます。

腸内で発生した腐敗物質が粘膜から血管に入り血液にのって体中を巡りながら、汗と一緒に排出されるときに腐敗臭が出ます。

発生源が腸なのですから、いくら体を洗ってもそれだけでは原因を根本から解決できません。腸内の腐敗物質そのものを減らすことで普通の人と変わらない匂いの体になることができます。