口がすぐ臭くなる人は唾液自体が臭い:原因から消臭する方法


口臭がすぐに臭くなってしまう人の多くは『唾液』そのものが臭い場合が多いです。

試しに、唾液をコップに入れて臭いを嗅いでみてください。

もし『唾液』が臭いようであればその解決策は、歯を磨くことでは無く唾液の『原料』をきれいにすることです。

唾液の原料は血液です。

血液中の汚れはそのまま唾液に出ます。

たとえば薬物を摂取したとき、成分は血液中に流れ込みますが血液中の濃度(血中濃度)以上に唾液には高濃度で成分が流れ込むということが判明しています。

これは、臭い物質でも同じで血液中に入り込んだアンモニアなどの臭い成分は、唾液にも入り込むのです。

唾液そのものが臭いので、いくら歯を磨いてもうがいをしても数分~数時間で、すぐに口臭が出てきます。

それでは血液中や唾液に含まれる有害物質は一体どこから来ているのでしょうか?

臭い物質の最大の発生源は『腸』です。

腸内で発生した、アンモニア、インドール、アミン類スカトール、硫化水素などは、腸の粘膜から血管に流れ血液を通じて、唾液や口内を汚染してしまいます。

体内に原因がある口臭を『腸内口臭』といいます。

ニンニクを食べれば誰でも息が臭いように『腸内口臭』は誰でも持っているものですが特に口臭がすぐ臭くなると感じているのであれば普通の人よりも腸内での臭い物質が大量に発生しそれが口臭に出ているというのが自然な流れです。

すぐ口臭が強くなってしまうとちょっと人と話すことだけでもビクビクしてしまい気がつかないうちに消極的な性格になったり対人恐怖症に近い状態になってしまいます。

逆に『腸内口臭』を減らすことである程度歯磨きなどをしていれば、ほとんど口臭が出ない無臭体質になることも可能です。