乳酸菌の選び方と摂取方法

good_1280
便秘には乳酸菌が良い、というのは常識ですが、乳酸菌の菌種をきちんと選ぶことも大切です。

■乳酸菌の選び方

ヨーグルトを食べても、乳酸菌の99パーセントは腸に到達する前に死んでしまうと言われているので、まず生きて腸に到達する可能性の高い菌を選びます。

次に、乳酸菌の働きとして、排便効果の高い乳酸菌を選びます。乳酸菌=便通というイメージが強いのですが、じつは乳酸菌の中には、いろいろな種類があって、小腸で働くタイプ、大腸で働くタイプなどの場所による違い、さらに免疫機能を活性化したり、花粉症抑制など、便通改善効果以外の機能に特化したタイプもあります。

便秘解消を考えた場合、ビフィズス菌は絶対に必要です。赤ちゃんの腸は90パーセントが善玉菌と言われますが、そのほとんどはビフィズス菌で占められています。

そのためビフィズス菌は腸内に定着する率も高く便秘改善には絶対必要な菌種です

ビフィズス菌の中にも、ロンガム種など、複数の種類があるのでバランス良く複数のビフィズス菌を摂取するのがベターです。

■腸に届く乳酸菌

腸に届きやすい、という側面から考えると植物性乳酸菌や有胞子乳酸菌などの乳酸菌がおすすめです。普通の乳酸菌はほとんど生きて腸に届くことがありませんが植物性乳酸菌であれば、10倍以上生存率が高いと言われます。

色々考えると、ヨーグルトでは、本来の乳酸菌のパワーを実感しにくいことが分かります。まず使われている乳酸菌が、あまり強くないので生存力が低いです。

乳酸菌飲料には、それぞれ独自の高機能乳酸菌が含まれています。ただ複数の乳酸菌を同時に配合することは困難なので、何種類も乳酸菌飲料を飲まないと、バランス良く腸内改善しにくい、という欠点があります。

乳酸菌は継続摂取が大切なのでヨーグルトや乳酸菌飲料だと毎日同じ物を飲み続けるのが大変、ということもあります。

いちばんおすすめなのは、どうしてもサプリメントになってしまいます。複数の高機能乳酸菌を一度に摂取できて、比較的続けやすいからです。

まとめ・・・

乳酸菌にも色々な種類があって、効果に違いがあります。便秘解消を目的にしているのであれば、大腸で働くビフィズス菌などの中心に摂取するのが鉄則です。腸に生きたまま乳酸菌を届けるのも大事で、普通は99パーセントの乳酸菌が胃酸などで腸に届く前に死んでしまいます。生きて腸に届いた乳酸菌が繁殖を繰り返し、何十倍にも増殖してくれるので、生存能力の高い、優秀な乳酸菌を選びましょう。