胃腸が弱いと肌荒れしやすい理由

alone-girl_1280
胃腸が弱いことと肌荒れしやすいことは密接な関係があると言われます。

腸には体の免疫力の70パーセントが集中しているのですが、同時に、悪玉菌の吐き出す有毒物質や、外部から入り込んだ病原菌が大量に入り込んでくるのが腸なのです。

腸内の毒素は、便や、おならとして排出される部分もありますが、腸の粘膜の血管から、体の血液に入り込むものもあります。インドールやスカトール、ニトロソアミンなどの有害物質は血液中から肌表面の毛穴に刺激を与えるので、肌荒れの原因を作り出すと言われています。

胃腸が弱いと下痢になりやすいと思います。冷たいものや、油物を食べ過ぎてお腹を壊してしまったことも何度もあると思います。

下痢の時の便とか、おならってすごく臭いと思います。あの臭いは、腸内で発生した有毒物質の臭いです。お肉を食べ過ぎたあとに便が臭くなりやすいのも動物性たんぱく質は悪玉菌のえさになって、腸内で悪玉菌が大量発生するからです。胃腸が弱い場合、腸がうまく栄養素を吸収できなかったり、善玉菌の数が減っていて、悪玉菌が増殖しやすい環境です。

臭い下痢便の臭いの元と同じものが、血液中に入り込んで、肌を内側から刺激してしまいます。その結果、肌は有毒物質を解毒するために炎症を起こします。

腸に問題があるときの肌荒れで恐ろしいのは、目に見える問題だけではありません。肌表面でニキビや赤みなどの炎症が起こっている場合、同じような炎症反応が肌内部で起こっている可能性があることです。

10代のニキビは肌表面の皮脂をエサにアクネ菌が繁殖した結果ですが、思春期のニキビに比べて大人になってからのニキビが治りにくいのは、その原因がからだの内側にあるからです。

胃腸の免疫力を強くすることで、体内部から発生する毒素を減少させることができます。栄養素の吸収もアップするので新陳代謝も活性化してセラミドやコラーゲンなどの量が増えて、肌のシワが減ったり、張りが出たりするケースもあるようです。

まとめ・・・

胃腸が弱いことは肌荒れと密接な関係があると言われています。腸はからだの中でいちばんたくさんの毒素が発生したり、病原菌が入り込む場所なのですが、誘導物質をやっつける免疫力が低下していると、からだに有毒物質が入り込んで肌を内側から刺激してしまいます。胃腸が弱いことで血液中の毒素が増えて肌荒れにつながる可能性があるのです。逆に腸を活性化させることで血液をさらさらのきれいな状態に戻し、肌荒れの原因を減らすことができます。