便秘のおならの臭さは悪玉菌の毒素のニオイ

fire-438330_1280
便秘が続くとおならも臭くなりますね。さらに腸内で異常発酵が起こり、便や老廃物がブクブクと腐敗していくのでガスが発生しやすい環境になり、おならも多くなりがちです。

慢性的な便秘体質で、おならが増えていると感じたら、できるだけ便秘を改善するのと同時に、腸をきれいにして腐敗や異常発酵を止める必要があると言われています。

じつはおならの99パーセントは空気だと言われます残りの1パーセントの有害物質が臭いを出しているのです。

臭いの元になる有害物質を作り出しているのは腸内のウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌です。悪玉菌を減らせば、おならが減ったり、臭いも減るのです。

お肉などの動物性たんぱく質は悪玉菌の大好物なので、できるだけお肉を減らし野菜を増やすなど、善玉菌を食生活の面からサポートしてあげることは大切です。

そして、やはり悪玉菌を減らすためには、悪玉菌と戦ってくれる善玉菌を増やしてあげることがいちばん大切になります。

ヨーグルトに入っている乳酸菌は、善玉菌の代表で、うまく取り入れることができれば悪玉菌を強力に排除してくれます。ただしヨーグルトには問題もあって、まず動物性たんぱく質が悪玉菌のえさになる場合もありますし、牛乳の乳糖という成分が、消化不良を起こして、逆にガスを増やしてしまう結果になることもあります。牛乳が苦手な人は特に要注意です

本気で、腸をきれいにしたい場合、やはり乳酸菌そのものを大量に摂取できる、乳酸菌飲料や、乳酸菌サプリの利用を検討するとよいでしょう。

まとめ・・・

便秘だとおならが多くなります。腸内で悪玉菌が繁殖してブクブクとガスを発生させることが原因です。つまり腸内で生ゴミが腐敗しているような状態なのですが、悪玉菌を減らせばその分、臭いやガスを減らすことが出来ます。悪玉菌を減らすのは善玉菌である乳酸菌です。乳酸菌の99パーセントは腸に届く前に死んでしまうと言われるので、しっかり腸に届く乳酸菌を選んで、継続して摂取することで体質的にも改善できると言われています。