便秘が続くと左脇腹が痛くなる理由

便秘が続くと左脇腹が痛くなりませんか?
わたしも酷いときは腸の形がはっきり分かるくらいカチカチに固まっていたのですが、あるきっかけで便を動かすために不足している栄養素が、なんと油分だと気づいたんです。
さち

ずっと便秘でお腹が重いのであれば、左脇腹のあたりを強めにおさえてみてください。強くおさえると痛みがあると思います。その部分は大腸の終わりの方なのですが、便が最後の方で固まってしまう体質だと、左脇腹が張ったり、痛くなったりします。

左脇腹は、直腸やS字結腸という、腸の終わりの部分なので、そのあたりがカチカチになっているのであれば、便が固まってしまうタイプの便秘です。触ってみると腸の形が分かるほど、かちかちに硬い便が詰まってしまっていることもあります。

便が固まってしまう理由としては、便がスムーズに移動しないことや、水分が足りないことです。

水分が足りないから、という理由で水を飲む人がいます。軽度のカチカチ便であればそれで改善することもありますが、、

いくら水を飲んでも、食物繊維をとっても便が動かない場合、便に足りていないのはむしろ油分なのです。

オリーブオイルを飲むと便通が良くなるということをきいたことがあるかもしれませんが、
オリーブオイルを空腹時に多めに飲むことで、吸収されない分の油が腸の中で、便の移動をスムーズにしたり、するっと出すための潤滑油の役割をしてくれるからです。

男性にカチカチの便秘がかなり少ないのも、男性は普段の食生活で油分をとることが多いので、便が油分不足で乾燥してしまうことが少ないからです。

もちろん、男性のような食生活をするわけにはいきません。油分のほとんどは便ではなく、体に吸収されますし、男性と女性ではエネルギー消費量がまったく違うので、ラーメンやステーキばかり食べれば一瞬で太ってしまいます。

そこで、最近注目されているのが、食事の無駄な脂肪分や油分を吸着してくれる成分です。もともとダイエットに役立つということで注目されたのですが、じつは便通の改善効果が圧倒的に高いことが明らかになりました。

酒粕(さけかす)由来のレジスタントプロテインという成分です
waist_1280
ダイエット目的で摂取する人も多く、体に吸収されるカロリーもへるので、便秘改善だけでなく、太りにくくなるというメリットもあります。

気になるのは安全性ですが、じつは酒粕という健康食品由来の成分なのでかなり安全性も高く、安心して摂取できる成分です。おすすめですよ。