善玉菌を増やして少しずつ便秘薬をやめよう

medical-bin_1280
便秘改善のために便秘薬を使っているとしたら、できるだけ早い段階で、卒業することをおすすめします。

便秘は苦しいものなので、どうしても出したい場合に便秘薬に頼るのはしかたがないかもしれませんが、やはり副作用が怖すぎます。

便秘薬は違法薬物に匹敵するほど依存性が高い、ともいわれますわたしの友人にも、便秘薬以外では全く排便できない子がいます。そこまでいかなくても、腸を刺激するタイプの便秘薬は本来の腸のぜんどう運動を弱めてしまい、自力で排便する力を奪ってしまうリスクが高いです。

センナなどの漢方系の便秘薬も、排便力を弱めてしまう副作用が指摘されたり、腸を傷つけて大腸が真っ黒になってしまう、大腸メラノーシスを起こす可能性が高いです。

これまで便秘薬に頼りがちだった場合、急に便秘薬をやめると便秘が続いて、体調に問題も出る可能性があり、なかなかやめられません。

そこで乳酸菌など、腸の運動をサポートしてくれる善玉菌を増やして段階的に、腸の元気を取り戻していくのがよいと思います。

便秘を改善するには、運動や食事はもちろん大切なのですが、いままで便秘薬を利用していた人は、自力で排便する力が弱くなっている可能性が高いので、乳酸菌など腸の活動をサポートしてくる善玉菌を利用するほうが効率的です